美川憲一が夜な夜な自宅に招くカレ 伝説のオカマ
2014.11.07
LINEで送る

[singlemenu][ptitle]
image
都内で美川を直撃! 「プラダに用事があるのよ」「忙しいの!」と言いつつ、キッチリ取材に答えてくれた
Photo:香川貴宏
 美川憲一(68)が、いま自宅に毎日のように招く「カレ」の存在をフライデーがスクープした。
 ある夜、麻布十番の鉄板焼き店でオカマ界の後輩、はるな愛(42)と食事をしていた美川が、運転手つきの年季の入ったベンツで都心の高級マンションへと帰っていった。助手席には金髪を短く刈り、真っ赤なメガネをかけた浮き世離れした初老の男性が座っている。
 別の日にも行きつけの麻布十番の高級割烹料理店から腰をグラインドさせながら出てきた美川に続いて、同じ金髪のカレが姿を見せ、やはり同じマンションへ……。
 フライデーは、このマンションに二人で立ち寄った翌日昼過ぎ、エントランスから出てきた美川と金髪の男性が、仲良く日本舞踊の稽古へ向かう様子も写真に収めている。
「カレ」の名は吉野ママ。アラン・ドロンやイブ・サンローラン、石原裕次郎にミヤコ蝶々と錚々たるメンバーが通った六本木(港区)のゲイバー『吉野』を切り盛りしていた「伝説のオカマ」だという。
「カレ」と美川はどんな関係なのか? フライデーの直撃に、
「大親友で大先輩よ。結ばれる関係ではありませんので!」
 と、否定しながらも、「カレ」への熱い思いを美川は語ったのであった。

 本誌記事と未公開写真はコチラ!
LINEで送る