中谷美紀と渡部篤郎が15年愛に決着つけた「長い夜」をFRIDAYが撮った
2015.02.13
LINEで送る

[singlemenu][ptitle]
image
 中谷美紀(39)と渡部篤郎(46)が、2月のある夜、西麻布で歩く姿をFRIDAYがキャッチしている。
 写真は、厳しい顔で待ち合わせの焼き肉店へと向かう渡部篤郎である。
 中谷と渡部と言えば、「大人の恋愛」をかれこれ15年も続けてきた。’00年の『永遠の仔』で共演する頃から急速に仲を深めていった二人だが、交際当初は、「ドロ沼の不倫」として芸能マスコミを騒がせている。
 当時、渡部には結婚7年目になるモデルの妻、RIKACO(48、当時は村上里佳子)がおり、次男が1歳になったばかり。3億円といわれる大豪邸の完成も間近だった。しかも、中谷とRIKACOは、たまに食事もする友人だったのである……。
結婚当初無名の役者だった渡部を、大成させたのはRIKACOで、子どもたちもまだ小さい。二人は、夫婦仲のよさをアピールし続けたが、’05年末、渡部とRIKACOはついに離婚した。
「その後も中谷はとにかく生真面目で、渡部の子どもたちを傷つけまいと、渡部と会うときはマスコミの目を避け、入籍も求めないできたのです」(芸能関係者)
 離婚からまる9年、FRIDAYがキャッチした中谷と渡部の「決着の夜」、二人はどんな会話を交わしたのか? 2ショットの意味は何か?
 15年待ち続けた中谷美紀の決断をFRIDAYは詳細に報じている。
詳細の書かれた本誌記事はコチラ!
HOT WORD: 中谷美紀 熱愛
LINEで送る