NHK朝ドラヒロイン・高畑充希が「憧れのカレ」と渋谷デート!
2016.01.08
LINEで送る

[singlemenu][ptitle]
takahata
"憧れのカレ"高橋を前に高畑は思わず目を細める。この後二人はタクシーで走り去った
 1月スタートのフジ月9『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』で有村架純とW主演。4月からはNHK朝の連ドラ『とと姉ちゃん』で、さらに6月公開の映画『植物図鑑』でも主役を務める超売れっ子女優・高畑充樹(みつき、24)が渋谷のラブホ街に出現!
 一体なぜピンク街に――と訝るそばから、高畑は「アダルトグッズ」「SM用品」「ランジェリー」などの巨大看板が並ぶビルへ入って行く。
 ま、マジか!? 必死で目を凝らすと、アダルトショップのすぐ隣に別の入り口を発見。高畑が入ったのは、食通の堀江貴文氏が「白レバーなど異次元の旨さ」と激賞する焼き鳥店『D』だった。箸で肉を串から外して食べると店主が激怒するという、こだわりの名店である。
 ハードスケジュールの合間を縫って渋谷に来たのには理由があった。店で合流したのは人気シンガーソングライターの高橋優(32)だ。
 2010年に高畑が出演したドラマ『Q10』(日本テレビ系)の主題歌を担当したのが高橋で、彼女は自身のブログにこんな書き込みをしている。
〈そういや、前回のblogに書いたQ10の主題歌! 高橋優さんの『ほんとのきもち』という曲です。個人的に高橋優さんのファンなので、嬉しい限りライブにお邪魔してCDにサイン貰うほど…完全にファンです(^_^;) 早くみんなに聴いてほしいなぁ…〉
 高橋は、高畑の「憧れのカレ」だったのだ。
 カウンターに並んで座った二人。
 高畑はアツく語る高橋のほうに身をよじり、燃えるような瞳で見つめている。「リアルな『今』を歌えるシンガー」「歌詞が心に刺さる」として人気を集める高橋の「言葉」をひと言も聞き漏らすまい。そんな決意が見て取れる。
 二人が席を立ったのは閉店時間を大幅に過ぎた深夜1時過ぎ。飲み始めてから、じつに4時間が経過していた。
 店を出ると、肩を並べて渋谷駅前へ。ハチ公前を過ぎ、国道246号線でタクシーを拾うと、渋谷の街を後にした。
 フライデーには2人のツーショット写真とともに、店内での二人の会話も掲載されている。アツアツ焼き鳥デートで次の日を「なきもの」にできたかどうかは不明だが、高畑が「得たもの」は大きかったハズだ。
詳細の書かれた本誌記事はコチラ!
LINEで送る