発掘 吉田羊「超キュートな美少女時代」
2016.04.08
LINEで送る

[singlemenu][ptitle]
『真田丸』『LIFE!』にも出演、
今年も続く大ブレイク女優の原点
image
今年2月、ブルーリボン賞の授賞式で。吉田は助演女優賞に輝いた
image
高校の卒業アルバムから。下級生からは憧れの存在で、ファンクラブ的なものもあったという
「明るく活発で、体育祭のときはチャイナドレスを着て応援団長をやっていました。背が高くてスタイルがズバ抜けて良いからよく似合っていて、下級生の女のコたちから憧れられていましたね。髪型はこの写真のように、二つ分けにしていて、それも可愛かった」(高校の同級生)
 2年前、ドラマ『HERO』(フジテレビ系)でクールな検事役を演じ、一気に大ブレイクした女優・吉田羊(よう)。今春からはNHKの大河ドラマ『真田丸』での見せ場や、レギュラー出演するコント番組『LIFE!』などがオンエアされ、ますます注目度が高まるばかりだ。現在スポンサー11社と契約し、"新CM女王"との呼び声も高い。
 彼女といえば、20年近く下積みを重ねて花開いた遅咲きで、年齢非公表。だが、今年1月に「日本ジュエリー ベストドレッサー賞」40代部門を受賞したことで、初めて公(おおやけ)に40代であることを認めたことも話題になった。
 ミステリアスな吉田羊の過去に注目が集まっているが、どんな青春時代を過ごして、女優へと羽ばたいたのだろうか。
 実は、彼女は’00年代には新聞などのインタビューで、包み隠さず自分の過去について言及している。それによると、出身地は福岡・久留米。松田聖子や藤吉久美子、田中麗奈らを輩出した全国有数の"美人の産地"だ。父親は牧師、5人きょうだいの末っ子で、本名は『吉田羊右子(ようこ)』。珍しい名前だが、聖書の一節に由来するものらしい。
「母親は幼稚園の先生で、その幼稚園、父親の教会と同じ敷地内に建てられた自宅で幼少期を過ごしました。イケメンの父親によく似ています」(小学校の同級生)
両親も認めた女優への情熱
 幼稚園から中学校までを吉田と過ごした同級生が振り返る。
「すごく活発というわけじゃなくて、どちらかというと、おとなしい印象の子でした。ただ、幼稚園のときの劇で、ヒロインのマリア様の役を彼女がやることになり、小さいながらとても生き生きと演じていて、感動したことを覚えています。小学生になると、ピンク・レディーが好きになったみたいで、歌や振り付けをよく真似して見せてくれました」
 女優、芸能人としての資質が垣間見えるエピソードだ。インタビューでは、本人がこう語っている。
「8歳上の姉が演劇をやっていて、きらきらと輝く姉の姿にあこがれを持っていました」(西日本新聞’01年11月3日付)
 進学したのは、九州ではお嬢様学校として名高いカトリック系の私立女子高だった。前述のように、人前に出て注目を浴びる機会も増えたが、前出の同級生はこう語る。
「"かわいい子グループ"に属してはいましたが、当時は芸能人になりたいなんて言っていませんでしたから、テレビで観たときはビックリしました」
 演技に興味を持ちつつも、まだ明確な進路を定めていたわけではなかったのかもしれない。学業の傍(かたわ)ら、母親の幼稚園の手伝いもするなど親孝行だった。
「ドラマなどではSっぽい役どころが多いですが、実際はとても優しいんですよ。幼稚園の催しなどをよくお手伝いされていて、小さかった当時の私にも丁寧な言葉づかいで優しく接してくれました。とても人気があって、みんな羊右子姉ちゃんと手を繋ぎたがっていましたよ」(実家の幼稚園に通っていた近隣住民)
 そして大学に進学後、彼女は女優への道を歩みだすことになるが、両親は当初よく思っていなかったようだ。
「大学を出て、女優を目指していたころ、お父さんは『(羊右子は)なんでも自分の思い通りになると思ってる』とコボしていらっしゃいました。お母さんも、バイトをして食いつないでいる羊右子ちゃんを心配して『普通の生活をしてほしい』と仰ってましたね。でもいまでは、ふたりとも娘の活躍ぶりを喜んで、応援しています。本当に良かった」(母親の友人)
image
母親が先生をしている、自宅に隣接した幼稚園に通っていた
image
小学校の卒業式で涙を流す。隣の同級生と比べても、背が高く大人びた印象だ
image
小学生のころ。兄二人、姉二人で吉田は末っ子。皆に可愛がられていたという
image
小学生のころ。小中高を通して、本格的に演劇をした経験はなかったという
image
中学生のころセーラー服で。二つ分けでなく髪をおろすこともあったようだ
image
小学校の卒業アルバム文集から一部を抜粋。きれいな文字で、小学校生活をふりかえっている。先生から「あなたは無責任よ」と断じられてショックを受けた話も綴(つづ)られているが、真面目で真っ直ぐな性格を物語っている。修学旅行やキャンプの思い出にもふれている。感受性の豊かさが、現在の女優業にも生きているようだ
PHOTO:中村和彦(1枚目)
HOT WORD: 吉田羊
LINEで送る