男がいないところで何を話し何をしているのか?「オンナの生態学」 第93回 結婚できないんじゃなくて、しないんです
2016.04.15
LINEで送る

[singlemenu][ptitle]
image
ドラマの撮影に臨む中谷。独身女子からは「主人公をミジメに描いてほしくない」(ナナコ)という声が強い
 独身美女の代表である女優・中谷美紀(40)の主演ドラマ『私 結婚できないんじゃなくて、しないんです』(TBS系)がスタート。このタイトルに、「まさに私がそうよ!」とヒザを打ったという3人から話を聞いた。婚活ブームのなか、彼女たちがあえて結婚しない理由とは?


ユキコ(38・派遣、美保純似) 結婚しない一番の理由は、環境が変わることへの抵抗。他人との共同生活が苦手で、それを克服してまで人生をともにしたいという深い愛情を男性に抱けないの。

メグミ(39・マスコミ、篠原涼子似) わかる。私、以前「疑似同棲しよう」ってことで、カレに1週間泊まりに来てもらったことがあるんだけど、3日目ぐらいからたまらなくうっとうしくなり……。よほどの解放感だったのか、終わった日の夜はお風呂で鼻歌を歌ってたわ!

ユキコ 幼いころから人に頼るのが苦手だったというのもあるかな。結婚してもしなくても自分の面倒は自分でみたいと思っていて、中古ながらマンションも買ったし。そんなんだからオンナとしてのかわいげはどんどん失われていった(笑)。

ナナコ(34・自営業、下平さやか似) 1年前に、結婚のメリットについて真剣に考えてみたの。まず「夫の経済力」。これは自分で稼いでるから別にいらないでしょ。次に「寂しさ」問題。私は1人が好きだし、たまに寂しさを感じたとしても、割合でいったら1人の寂しさが1とすれば他人と過ごすわずらわしさは9。だったらこの1を耐えるほうがラクだわ、と気づいちゃったんだよね。残るは「子ども」問題だけなんだけど、これだけは産んでみたい気もあって……。


プロポーズされても拒否

メグミ 私は子どもに興味ないし、以前子宮の病気にかかって産める確率も低いから、本当に結婚する意味が見出せない。

ナナコ 周囲から「結婚できないオンナ」って言われるのはどう思う? 反論するエネルギーを割くのももったいなくて流してるんだけど、内心では「私という人間は、“結婚してない”だけじゃないんだけどな。仕事とか、もっとほかの部分も見てほしいな」って悲しくなっちゃう。

ユキコ 言ったのが女性なら、視野が狭くて気の毒だと思うし、男性なら、「女側の苦労も知らずに」とイラッとするわ。

メグミ 実際、結婚しようと思えばできたしね。これまでカレ氏と別れた理由も、向こうが結婚しようと言い出して、私が拒んだことでうまくいかなくなったの。

ナナコ 私もお見合いでは必ず「もう1回会いたい」と言われて、こっちからお断りしてた。親も金持ちだし、顔もブスではないから、結婚できないと思ったことは1回もないわ。

ユキコ 私はプロポーズしてくれた男が2人いたけど、踏み出す勇気がなくて。いまもその勇気はないから、そういう意味では「できない」とも言えるのかも。

ナナコ 私たち、この先、結婚したいと思うようになるのかしら?

ユキコ 東日本大震災のときは、孤独感から「結婚したいかも」と思った。今後もあんな気持ちになったら週末婚……いや、月イチ婚ならしてもいいかも。

ナナコ 日本の場合は結婚しないまま子どもを産むのは偏見も多くて大変だから、子どもがデキたら結婚するつもり。そうじゃなければ、どんなに好きな相手でも籍は入れない。子どもは欲しいけど、ダンナだけなら本当にいらないもの。

メグミ え〜、私は結婚も同棲もしない。だって家にずっと他人がいるんだよ? ゾッとしちゃう。

ユキコ 将来、老人ホームにでも入ったら結婚するかもね。老人ホームなら、部屋も食事も別々だから(笑)。

ナナコ でもね……私、結婚願望がなくなってからあることに気づいたの。

ユキコ なになに?

ナナコ 世のほとんどのオトコが魅力的に見えなくなったのよ。「結婚したい」という欲を捨てて相手の本質だけを見るようになったら、ステキな男性なんてぜんぜんいないなって。オトコは結婚願望の強いオンナをウザがるけど、それで得してるのはむしろオトコのほうじゃないかな。結婚制度がなかったら、ほとんどのオトコはいまよりモテないと思うよ。

ユキコ&メグミ たしかに!!

PHOTO:山田宏次郎
LINEで送る