セクシーでキュートな春の一日署長たち
2016.04.17
LINEで送る

[singlemenu][ptitle]
パトロールに
油断した美女もいたようで…
image
一日署長として丸の内ビルでのイベントに出席した瀧本美織。スカートの奥の、ひと筋の光が実にまぶしい
 4月6日から「春の全国交通安全運動」がスタート。それに合わせて、東京各地でセクシーかつキュートすぎる一日署長が次々と誕生しているのだ。
 4月4日、丸の内署の一日署長に就任したのは、女優の瀧本美織(24)。婦警の制服姿がなんともカワイイ♡ 観客や報道陣を前に自転車に乗る際のマナーなど、交通事故を防ぐポイントを説明し、
「(制服を着ると)身が引き締まる思いです」
 とキリッとコメント。敬礼もバッチリキメていた。ところが、着席した際、太ももの奥で純白の光がキラリ。会場に集まった観客の視線をそちらにクギづけにしてしまった。
 3日、渋谷署では人気子役の本田望結(みゆ)ちゃん(11)が、2日に立川署では、フリーアナの小林麻耶(36)が一日署長を務めた。小林はぶりっ子キャラの悲哀を歌ったデビュー曲「ブリカマぶるーす」を披露。これはこれでグッときました。10日に湾岸署で一日署長に就任したのは、AKB48の元メンバー、松井咲子(25)。こちらも着席しようとしたら、制服のミニスカートの奥がチラリ。姿勢を変えるたび、セクシーショットを連発してくれた。
 交通安全はキッチリ守ってもらいたいが、こちらのパトロールのユルさは大歓迎です!
image
本田望結ちゃんは「交通事故は人生の時間を止めてしまいます」とオトナ顔負けのコメントをしていた
image
立川署の粋な計らいで「ブリカマぶるーす」を熱唱する小林麻耶。36歳になったが、ぶりっこキャラは健在だ
image
パレード中に小さく手を振るなど(下)、実にキュートな松井。こんな婦警さんになら逮捕されてもいい!
image
LINEで送る