六代目山口組直参組長が撮った総本部内動画が流出!
2016.04.25
LINEで送る

[singlemenu][ptitle]
LINEで送ったところ
拡散してしまい
大炎上
image
神戸市内の山口組総本部。通常は堅固なシャッターが下りており、10台ほどの監視カメラが設置されている
「おおきに、今日は山口組のなかや。明日、帰るから待っとって。あとでまたLINE入れるわ」
 中高年男性はそう言うと、部下と思われる撮影者に指を差して指示を出す。
「ここから(部屋の)なかをぐると回って。こっち、こっち回って、向こうまで」
 このわずか20秒ほどの動画がネット上を騒がせている。画面に登場している男性は、六代目山口組の直参組長で、撮影されたのはなんと兵庫県神戸市中央区にある山口組の総本部内だというのだ。
「テーブルの上にある山口組と書かれた灰皿はどこの組でもありますが、額に入った山菱の代紋に系列の組名が入っておらず、『山口組』とのみ書かれているのは、総本部だけです。しかも動画の最後には三代目と思われる写真も映っています。総本部の内部が部外者に公開されたことはありません」(山口組関係者)
 当の組長は当番などで総本部を訪れた際に動画を撮影し、LINEで複数の地元の関係者に送付。それが流出して、ネット上に拡散したようだ。
「組員は証拠を残さないために、連絡手段は電話を使います。しかし、この組長は部下への指示にまで、LINEを使うことで知られています。今回は連絡用に撮影した動画が、なぜか流出した。執行部は情報管理上問題があると、口頭で注意したと聞いています」(同前)
 折しも六代目山口組と神戸山口組の抗争が激しさを増す渦中の、とんだ騒動となった。
image
総本部内の一室、山口組の代紋の前で撮影される組長。テーブルには「山口組」と書かれた灰皿が置かれている
image
部屋を指差して、撮影を指示する。後ろの壁面には心得と思しき文書が
image
室内にはモニターが設置されていた。おそらく門外の監視用であろう
image
神棚、お札、碁盤らしきものも。ここは待合スペースのような場所だろう
image
頑丈なドア近くの壁面には山口組の歴代組長の写真が飾られていた
PHOTO:朝井 豊(1枚目)
LINEで送る