北朝鮮レストランから美女12人が集団逃亡した理由
2016.04.26
LINEで送る

[singlemenu][ptitle]
いずれも身長162㎝以上で、朝鮮労働党幹部の20代子女なのに…
image
北朝鮮レストランで生バンドの演奏のもと、独特のポーズで踊るウェイトレスたち。日によってさまざまな催し物が行われる。イベントが終われば、ホステスとして客の隣に座り話し相手に
「北朝鮮にあるのは絶望だけ。韓国のテレビドラマを見て、民主主義を知った」
 北朝鮮から逃げた20代の女性は、韓国統一省の調べに対し協力的に答えている。
 4月6日、中国東北部の浙江(チェーチャン)省寧波(ニンポー)にある北朝鮮レストラン柳京(リュギョン)食堂から、男性支配人1人とウェイトレス12人が韓国へ集団逃亡した。寧波空港から中国東方航空でタイへ出国。陸路でラオスに入り、4月7日にはビエンチャン空港から韓国の仁川(インチョン)国際空港に入ったのだ。
「ウェイトレスたちは北朝鮮の対外奉仕局の所属で、朝鮮労働党幹部の子女たちです。いずれも20代の美人で、外貨獲得のために3〜4年働いていました。幹部の娘なら誰でも外国のレストランで働けるわけではなく、身長162㎝以上、体重48㎏以下などの厳しい基準があります。派遣前には、中国語や接客マナー、歌や踊り、楽器の弾き方などを徹底的に叩き込まれるんです」(韓国在住の脱北者)
 北朝鮮レストランは、中国や東南アジアなど12ヵ国に約130軒ある。売り上げは多い年で1000万㌦(約11億円)以上あったが、最近の状況は厳しい。
「金正恩(キムジョンウン)(第1書記、33)が核実験やミサイル発射を繰り返し、北朝鮮への反発が大きくなり客がだいぶ減っているんです。客足をとり戻そうと、ウェイトレスへの負担は大きくなっています。露出の多い服を着せられ寒いなか呼び込みをし、店内ではミニスカート姿でお酌をしなければならない。ときにはセクハラもされる。近くにあるホテルで、客に体を売るよう強要されることも頻繁にあるそうです。逃げ出したいと考えても不思議ではありません」(同前)
 彼女たちには当然、逃亡禁止の制約がある。制約を守らなければ北朝鮮にいる家族は全員処刑される。だが、今回逃亡したのは彼女たちだけではない。
「労働党幹部の脱北も相次いでいるんです。韓国国防省は4月11日に、朝鮮人民軍の大佐やアフリカ駐在の外交官が韓国に亡命したと発表しました。氏名が明らかにされていないので逃亡した女性たちの肉親かはわかりませんが、韓国政府が手引きし、家族ぐるみで逃亡させたのかもしれません」(韓国紙記者)
 北朝鮮情勢に詳しいデイリーNKジャパンの高英起(コヨンギ)編集長が語る。
「北朝鮮レストランで働く女性が単独で逃亡したことはありますが、組織的な行動は初めてです。韓国政府が脱北をうながしたのは間違いないでしょう。支持率が低迷する朴槿恵(パククネ)大統領が、4月13日に行われた総選挙を前に成果をアピールしたかったのだと思います」
 金正恩氏は今回の美女集団逃亡を「韓国政府による拉致だ」とし、朴大統領を激しく非難している。
LINEで送る