突撃!噂の行列メシ 第130回 東京・神楽坂『あげづき』のとんかつ
2016.05.01
LINEで送る

[singlemenu][ptitle]
image
あげづき
「特ロースかつ(単品)」2322円
(ポテトサラダ、お新香、味噌汁、ご飯がつく「定食セット」はプラス388円)
 見事なサシが入った店イチオシの「特ロースかつ」(提供は夜と土日祝)。粗めの衣をまとった分厚い肉をサックリと噛(か)み切れば、ジワジワあふれだす脂の甘みに悶絶!
 店主の保科(ほしな)剛さんが惚れ込んだ宮崎県産の銘柄豚「南の島豚」を使う。少量生産のため都内ではあまり出回っていない希少な豚で、きめ細かい肉質と抜群の旨みが特徴だ。脂身の融点が低いため、サラッと溶けるようなまろやかなコクもある。それを1週間ほど熟成させるのも奥深い味に仕上げるコツ。ラードのほかオリーブオイルなどを加えた独自のブレンド油で、胃もたれしないよう軽い食感に揚げている。
 とんかつに合わせて厳選された日本酒で一杯というのもいい。平日昼は同じ豚を使った「並ロースかつ定食」(1458円)が人気だ。
image
ランチ以外は注文を受けてから肉をカットする
住所:東京都新宿区神楽坂3-2 山ノ内ビル地下1階
電話番号:03-6265-0029
営業時間:11:30〜15:00(14:30L.O.)、18:00〜22:30(22:00L.O.)、土日祝の夜は17:30〜、日祝は21:00(20:30L.O.)まで(いずれも材料が無くなり次第終了)
休業日:火・第3水
アクセス:地下鉄飯田橋駅から徒歩2分
※行列のピークは11時半ごろ〜13時。穴場時間帯は19時半ごろ
PHOTO:西崎進也 取材・文/肥田木奈々
LINEで送る