スカウトマンXの六本木24時 タレントM、イメチェンの裏側
2016.05.11
LINEで送る

[singlemenu][ptitle]
「何か顔変わったよね?」
「えー!でも、もうイジってないよー!」
こんなやり取りが番組収録の場で交わされたら、誰だって驚くというものだ。
先日放送された『有吉反省会』でのヒトコマ。質問者は有吉弘行で、答えたのはタレントのMである。
芸能界に整形経験者が多いのは誰もが薄々気付いてはいたものの、ここまでぶっちゃける例も珍しい。
そんなMは同番組で、ローラに似せた金髪の見た目や、ローラ調の喋り方からも卒業を宣言。井川遥を彷彿とさせる黒髪&ナチュラルメイクにイメチェンした姿を披露し、整形告白以上のインパクトを残した。
どうやらこのMのイメチェンには、新しい彼氏の存在が大きく関わっているようだ。
六本木の高級クラブ幹部が語る。
「Mの新しい彼氏は一部上場企業社長のK氏。六本木で派手に遊び回っている有名人です。Mも六本木の高級ラウンジで働いている時に現在の所属事務所の社長と出会って芸能界入りしてますが、ローラのモノマネだけではブームは一瞬にして終わってしまったので、稼ぎが足りないからとデビュー後もラウンジに出勤してました。そこで出会ったのがK氏。お金に困るMと、地位もお金も手に入れ、見栄やプライドのためか芸能人の彼女を探してると噂されていたK氏の思惑が一致したのでしょう」
二人は昨年秋頃から付き合い始めたという。わずか半年で、Mは180°変えるイメチェンを遂げた。
幹部が続ける。
「K氏は自分の人脈を使い、イメチェンしたMを先月の『安部首相と桜を見る会』にねじ込んだ。人気イケメン俳優の斎藤工、北川景子との結婚式を控えたDAIGO、前年のM-1王者トレンディエンジェルらが並ぶ中、Mはちょっと浮いてましたけどね(笑)」
付き合う男性によって女性が変わっていくことは、決して悪いことではない。ただ、Mからローラのモノマネを取ってしまったら、タレントとして何が残るというのか。余計なお世話も甚だしいが、Mは芸能界での生き残りを狙うより、K氏とのゴールインを狙った方がいいと思うのは私だけだろうか……。
LINEで送る