カンヌ国際映画祭を賑わした「お騒がせセレブたちのSEXYハプニング」
2016.05.22
LINEで送る

[singlemenu][ptitle]
アマル・クルーニー
image
思わぬ出来事に、隣のジョージ・クルーニーも「大丈夫!?」と大慌て。夫人は照れた笑みを浮かべていた
 5月11日に開幕した第69回カンヌ国際映画祭。世界中のセレブが集結した大舞台で、今回話題をさらったのがご覧の4人だ。
『ワン・ダイレクション』のメンバーとの交際がウワサされるモデルのケンダル・ジェンナー(20)は超スケスケドレスで登場し、『ワンダイ』ファンを挑発。女優のブレイク・ライブリー(28)は、妊娠中とは思えぬボディラインを披露し、ジュリア・ロバーツ(48)は女性のファッションの自由を訴えるべく、ハイヒールを脱いで裸足で現れた。そしてジョージ・クルーニーの妻・アマル夫人(38)にはまさかのハプニングが……。
「うっかりドレスを踏んで、スリット部分が大きく開き、あわやパンチラ寸前でした。アマルの本職は弁護士。普段の知的な彼女からは想像できない姿で、翌日、現地の新聞には、"美脚写真"が大きく掲載されてしまいました」(セレブ誌ライター)
 懲(こ)りずに来年もお願いします!
ケンダル・ジェンナー
image
これが『ワンダイ』人気メンバー・ハリーを陥落させたボディ。残念ながらバスト部分はブラで隠れていた
ジュリア・ロバーツ
image
フランスのファッション誌は「偉大なことをやってのけた」と、裸足でのパフォーマンスを賞賛した
ブレイク・ライブリー
image
ドラマ『ゴシップガール』でブレイクした彼女は、カンヌ映画祭のファッションリーダーと称されている
PHOTO:AFLO
LINEで送る