ハリコミデスクO 「愛之助、直撃!」
2016.05.19
LINEで送る

[singlemenu][ptitle]
銀座の某婦人科クリニックに入って行く紀香を発見したO記者チーム。しばらく見ていると、怪しいマセラッティが現れた。たしか愛之助の車はアストンマーチンだったはず。誰だ?と思いきや、ビルから紀香が現れ、助手席に颯爽と乗り込んだ。そうか。愛之助、車を替えたのか。
二人を乗せた車は白金へ。コインパーキングに車を停めると、紀香と愛之助は肩を寄せ合いながら歩いて瀟洒な一軒家へ。看板は出てないが、薬膳料理で有名な高級中華料理店である。
店の女将が出てきて、紀香を招き入れる。そこに一台のタクシーが停車し、中から某有名芸能関係者が降りた。満面の笑みで迎える愛之助。「お忙しいところすみません!」と声をかけ、一緒に店内へ。
店前でしばらく張り込むO記者チーム。ところが店員が何度も店から出てきて、やれここに車を停めるなだの、エンジン音がうるさいだの、あれこれ注意される。もちろん無視。
店に入ってから3時間後、3人が店から姿を現した。タクシーに乗り込む芸能関係者を紀香と愛之助が見送る。その後二人は、パーキングに停めていたマセラティへ。
と、思っていたら、なんと愛之助だけが店前に戻って来た。なぜか、険しい顔つき。すごい形相でこちらを睨んでいる。
「おい、何してんだ!」
慌ててウインドウを開ける。
――いえ、別に。
「なんでここに停めてんだって聞いてんだよ」
――邪魔だったらどかしますけど。
「そういうこと言ってんじゃねえんだよ!」
とまくしたてると、前に回り、こちらの車を写メでパチリ。再び、運転席の真横に来て、
「おい、写真撮っただろ。全部分かってんだぞ。出せ出せ、写真を」
と言って、後部座席を覗き込む。ところが、予想に反してカメラマンの姿がなかったためか、やや拍子抜けの愛之助。
直後、こちらが「フライデーです」と名刺を出すと、
「だろぉ(笑)?全部分かってたんだよ」と、急に笑顔に。
そこから愛之助との長~い立ち話が始まったのだった。
(以降は本誌記事参照)
今週は、他にもさんまの“おひとりさま”ゴルフ。
本誌ではさんまのゴルフ姿の写真のみを掲載したのだが、ホントはこの後が長かったのである。
ゴルフの打ちっ放しでひと汗かいた後、さんまは毎度おきまりの西麻布の『Y』へ。食事後、さんまは一人で店を後にしたのだが、実はその5分後、マスク姿の美女が同じく店を後にしている。実際にこの美女との食事だったのかは、完全にウラがとれなかったので記事にはしなかったが、どう見ても怪しかった。というか、どう見てもこの美女との密会だったのだろう。美女は何者か。モデルかはたまたAV嬢か。それにしてもさんま、還暦になっても元気だなあ。
森下悠里。あいかわらず派手に遊んでいるようだが、どうでもいいよな。
元日テレの上田まりえアナ。都内で彼女を発見したM記者チーム。ルンルン気分で歩いている様子だったので、おそらく男とデートかと思い込み、追跡する。上田アナは満員の南北線で浦和美園駅へ。もちろんこちらも相乗りして追跡。浦和美園駅で降りると、駅前の長蛇の列に並び、シャトルバスで埼玉スタジアムへ。結局、単に一人でサッカー観戦に行っただけだったというわけで、完全に空振り。半日に及ぶ追跡が徒労に終わり、帰りの超ラッシュの南北線の中で、M記者チームは絶望の淵に陥ったのは言うまでもない。なので、その苦労に免じて記事にしてあげたのだった。
ドランク鈴木。どう見てもゲス不倫だが、おそらくどこも騒がないだろうな。
水曜夜は、久々のA社幹部との極秘会食。メンバーは、TのH、FのW、BのDら、いつものブラックな面々。HKさんの話が一番、盛り上がったな。
LINEで送る