男がいないところで何を話し何をしているのか?「オンナの生態学」 第98回 30代で少女マンガに夢中、おかしいですか!?
2016.05.27
LINEで送る

[singlemenu][ptitle]
image
大ヒットした『花より男子』。「美人でもイヤミがない井上真央は少女マンガの主人公にピッタリ」(チサ)
 少女マンガ原作のドラマや映画が続々と作られているが、その背景には少女マンガにハマる妙齢女子が増えていることもあるという。「もう少女という年齢ではないけど、少女マンガが好き!」という彼女たちの魂の叫びを聞いた。

サオリ(31・アパレル店員、菊地亜美似) 私は30歳を超えて急に少女マンガを読むようになったの。設定がファンタジーすぎるところにキュンキュンしちゃって。

ワカコ(34・証券、菜々緒似) 私は高校卒業以来読まなくなっていたんだけど、同じく三十路で復活したクチ。若いころは現実のオトコに夢を見られたけど、年齢を重ねて「本当にステキなオトコなんて少女マンガの中にしかいない」という悲しい事実に気づいてしまってね……。

サオリ わかる! イケメンで頭よくて浮気しなくて彼女に一途な男なんて現実にはいないと知ってる。だからマンガで夢見心地になって癒やされるんだよね。

チサ(34・営業、浅野ゆう子似) 私は少年マンガも読むんだけど、そこに出てくる主人公はしょせん、男が理想とする男だから、ちょっと子どもっぽいの。その点、少女マンガに登場するのは「こんな人がいたらつき合いたい!」って心からトキメく男ばかり ♥

ワカコ でもね、私の身近にひとりだけ、ホントに少女マンガから抜け出てきたようなスペックの男がいたのよ。大企業の御曹司で速水もこみち似、ジミめでカンジのいい彼女と6年交際して結婚。浮気もしたことがないっていう。でも私、彼にぜんぜん惹かれなかったんだよね。カンペキすぎて面白みがなかったから。

チサ ヒドイ(笑)。でも現実はそうよね。イケメンエリートは退屈だし、オモシロい男はたいていブサイク……。ところで2人は、現実の恋愛はどうなの?

サオリ 私は3年つき合っているカレがいて順調だけど、それだけにマンネリぎみ。だからぶっちゃけ、少女マンガも"脱処女モノ"が好きだわ。「こんなに激しく求められたい!」とか思っちゃう(笑)。

チサ 私は別れかけの男がいるけど、自分の恋愛事情と少女マンガを読むことはリンクしてないよ。むしろ恋愛より仕事でイヤなことがあった日に読むもん。「はぁ〜、『ベルサイユのばら』のアンドレに比べ、課長はなんて器が小さいんだろう」とか溜飲を下げられるから(笑)。

男キャラより女キャラが重要

ワカコ もちろん男キャラもいいけど、やっぱり少女マンガはヒロインがステキ。自分の意志を持って、わが道を切り開いていくコが多いじゃない? 男キャラはあくまでヒロインを輝かせる飾りね。

チサ 一方、少年マンガのヒロインは、男に都合のいいバカ女ばかりでウンザリ。

ワカコ 一番好きな少女マンガの登場人物は、『はいからさんが通る』の北小路環(きたこうじたまき)。舞台は大正、「ステキな男性に見初められなさい」と指導する教師に対して、「私たちはひとりの人間として殿方を選ぶのです!」と主張したシーンは忘れられないわ。いま思えば、オンナとしての人生をどう歩むべきか考えた最初の経験だったかも。

サオリ 少女マンガの映像化が増えていることについてはどう思う? 原作の世界観をわかってないものが多すぎる! とムカついてるんだけど。

ワカコ 同感。蜷川実花が監督を務めた映画『さくらん』もそうだったね。原作では「遊郭から逃げられず、死ぬまでドン底で生きるしかない遊女たちの悲哀」を描いていたのに、映画ではなんとヒロインが好きなオトコとの駆け落ちに成功しちゃうの。原作と正反対の結末にするのはありえないって!

サオリ 蜷川実花が監督なら女子が食いつくんじゃね? っていう製作サイドの男性スタッフの安易な考えが透け透け。

ワカコ そうそう。そんな男に限って「いいトシして少女マンガなんか読んでるの?」ってバカにしてきたりするのよ。

チサ オンナはみんな、オトナになっても、どこかにピュアな部分を持ち続けている。だからこそ、いくつになろうが少女マンガに刺激されるんだよね。

ワカコ 男性が作った文化があふれる世の中で、少女マンガだけは女性が作り上げた文化。オンナに生まれたからには少女マンガを楽しまないとソンよ!

PHOTO:時事通信社
LINEで送る