榮倉奈々が賀来賢人と銀座『エルメス』デート
2016.05.27
LINEで送る

[singlemenu][ptitle]
eikura
グワシ! と脳天を締められたかと思いきや、ポンポン優しく叩かれ笑顔の榮倉
 デザイナーやフォトグラファーなどが集うことで知られるそのバーは、5月中旬のある週末も、ギョーカイ人で賑わっていた。だが、混み合う店内で「二人に気づいてチラチラ見る人もいたのに、彼らはめちゃくちゃオープンにしていました」(居合わせた客)という。
 幸せマックスな榮倉奈々(28)と賀来賢人(26)にとって、他人の視線などどうでもいいのだろう。実際、深夜11時半過ぎにバーから出てきた二人は、芸能人ご用達の変装用マスクも、キャップも着用していなかった。
 二人のムキ出しの愛情を見せつけられたのはその直後だ。酒がまわっているのか、赤ら顔の賀来の口元がアヤしく歪んだと思いきや――直角に指を立てた鉄の爪が、隣で微笑んでいる榮倉の脳天をワシづかみにしたのである。
 見事なアイアンクロー……かと思いきや、その凶暴な掌は榮倉の頭をポンポン。これはもしや、女子の・3大胸キュン奥義・「壁ドン・頭ポンポン・あごクイ」のひとつ、「頭ポンポン」ではあるまいか。
 酒が入っているとはいえ、酔客が多数歩く大通りで頭ポンポンをやれてしまうとは賀来賢人、恐るべし!  バーで一緒だった友人たちに別れを告げると、賀来は榮倉とタクシーに乗車。彼女のマンションへ向かったのだった。
 その後も、賀来のテンションはアガりっぱなし。
 デートから数日後に行われた映画『森山中教習所』のイベントでは理想のドライブデートを問われ、こう答えている。
「彼女の家に迎えに行って、ジャック・ジョンソンを流しながら、砧公園に行ってからの海ほたるがテッパンですね」
 で、その2日後には宣言どおり、榮倉とドライブデートに出かけたのだった。
 行き先は砧公園でも海ほたるでもなく、銀座『エルメス』。女子にとってテッパンといえばテッパンだろう。
 夕刻、堂々と銀座に現れた二人。予約していたのだろうか、待機していたエルメスのスタッフたちに迎え入れられ、店舗内へと入っていく。1時間後、店を後にした榮倉の右手には、エルメスの小さな紙袋が提げられていた。
 途中で友人らしき男性が加わり、一行は銀座の大通りを少し歩いて、近くの路地裏に停めていた賀来の愛車へ。榮倉が助手席に慣れた様子で乗り込むと、友人男性は後部座席に収まり、賀来は咥えタバコで愛車を発進させるのだった――。FRIDAY最新号では、車に乗る姿をはじめ、ツーショット写真を数点掲載している。
 実にお似合いの二人、今後が楽しみだ。
PHOTO:川上孝夫
詳細の書かれた本誌記事はコチラ!
HOT WORD: 榮倉奈々 熱愛
LINEで送る