六本木発 ミーハーキャバ嬢Xは見た!「大魔神佐々木が出廷した理由」
2016.06.01
LINEで送る

[singlemenu][ptitle]
初めまして。
午後2時からは『ミヤネ屋』『ゴゴスマ』『グッディ!』をザッピングするのが日課のミーハーキャバ嬢、Xです。
5月31日、今日の放送はもちろん、全局が清原和博サン一色。判決が出て、執行猶予4年だって。かつては六本木で飲みまくってくれたお得意様だし、何とか立ち直って欲しいな。
一番びっくりしたのは公判の時に、こちらもかつての六本木のお得意様・佐々木主浩サンが情状証人で出廷したこと。「親友だから」と言ってたけど、なかなかできない決断。清原サンがどうこうではないけど、薬物犯罪者の再犯率の高さを考えたら万が一の時、本人のイメージダウンは必至でしょ?
この件について、私の指名客のスポーツ新聞記者サンが教えてくれたわ。
「佐々木さんはね、清原さんと同い年。けど同級生っていっても、ガキ大将タイプで傍若無人な清原さんにずっと上から物を言われ、ときには怪しい人間関係をチラつかされ、逆らえない関係が続いていたんだよ。救いたい気持ちももちろんあるんだろうけど、逮捕されて心の弱さを露呈した今こそ恩を売って、1990年のプロ入りから続いてきた謎の上下関係を覆すチャンスだと佐々木さんは思ったんだって」
結果としてイメージダウンになろうとも、清原サンとの立場を逆転したかったなんて……。今までが余程の屈辱だったのかもしれないけど、行動を起こしたのは凄いことよね。
そして清原サンが頼るべきもう一人の男性が、報道では「弟分」とされる六本木の飲食店オーナーIサン。清原サンの隠れ家を探すためか、Iさんは毎日マスコミに張り込みされてて、ノイローゼ気味らしい。なんと、清原サンの逮捕前は135キロもあった体重が、今は77キロまで激減してるの。もはや別人!きっと判決が出た今日も、追われまくっていることでしょう。さすがに体が心配です。
かつては六本木で一緒に飲んでいたこともある3人。また笑顔で乾杯できる日は来るのかな……。
LINEで送る