突撃!噂の行列メシ 第135回 東京・赤坂『鮨兆』のおまぜ
2016.06.12
LINEで送る

[singlemenu][ptitle]
image
赤坂 鮨兆(すしちょう)
「おまぜ」1500円
(味噌汁、アラ汁、黒蜜寒天つき)
 ランチ営業を始めた34年前に先代が考案し、いまや名物となっているのが、この海鮮バラちらしだ。当時から内容も値段も据え置きというから、なんとも太っ腹!
 彩り鮮やかな具材は、采(さい)の目に切り、ワサビ醤油にくぐらせたカンパチやマグロに、海老やイクラの醤油漬けなどの豪華ネタがテンコ盛り。その下は、細かく刻んだカンピョウやガリ、海苔をまぜてからツメダレで甘みをつけた酢飯を敷き詰めている。醤油をかけなくても、ネタの旨みをしっかりと引き立ててくれるのだ。
 これに豆腐の味噌汁と、アラ汁の2種類のお椀を添えるのも当時から変わらない独自のスタイル。デザートに、近くにある老舗の和菓子店『相模屋(さがみや)』の黒蜜寒天がつくのも嬉しい。
image
無料の大盛りは1人前約500g(!)のご飯が入る
住所:東京都港区赤坂3−6−10 第3セイコービル3F
電話番号:03−3585−7917
営業時間:11:30〜14:00L.O.、18:00〜2:00、土の夜は23:00まで
休業日:日祝
アクセス:地下鉄赤坂駅から徒歩1分
※行列のピークは正午〜13時ごろ。穴場時間帯は13時半すぎ
PHOTO/西崎進也
取材・文/菜々山いく子
LINEで送る