警察と神戸山口組を挑発? 司忍組長の「電撃上京」現場
2016.06.11
LINEで送る

[singlemenu][ptitle]
image
 6月5日の早朝、本誌記者は千葉・市原市の指定暴力団「双愛会」の事務所前である人物を待っていた。午前9時すぎに姿を現したのは六代目山口組、司忍こと篠田建市組長(74)。この日は双愛会の会長交代にともない、継承式が開かれた。そこに司組長が出席。この動画が、その際の100名超の組員らに出迎えられる司組長である。
 岡山で神戸山口組系の幹部が射殺されて以降、両組織間の緊張はかつてないほど高まっている。この日も、双愛会の事務所周辺では数十人の捜査員が警戒に当たっていた。しかし、この日の司組長はほとんど”丸腰状態”。午前9時すぎ、到着した司組長は報道陣の前で双愛会の幹部らとガッチリ握手。継承式の前後には紋付き袴姿まで披露した。帰りは品川駅構内を堂々と闊歩し、新幹線で午後2時すぎに名古屋駅に到着。通行人でゴッタ返す駅前を歩き、迎えの黒塗りのレクサスで走り去った。なぜ、警察、そして神戸山口組を挑発するかのような行動を繰り返したのか。全国紙社会部記者はこう解説する。
「司組長が新幹線で東京に来たことについて、警察庁は大きな挑発、デモンストレーションだと受け止めています。乗用車を使えば警護的にはるかに安全ですし、実際昨年12月に麻布十番の中華料理店に来たときはクルマでした。それにもかかわらず今回新幹線を利用したのはできるだけ多くの人の目に触れて『撃てるもんなら撃ってみぃ』『パクれるんならパクってみろ』と自らの身をもって示したのではないでしょうか」
特集記事はコチラ
LINEで送る