六本木発 ミーハーキャバ嬢Xは見た! 「ファンキー加藤が号泣!」
2016.07.06
LINEで送る

[singlemenu][ptitle]
ベッキーに始まり、育休宮崎議員、桂文枝サン、米米CLUB石井サン、ファンキー加藤サン、三遊亭圓楽サンに、カーSEXしてたNHKキャスター……。今年の流行語大賞は「不倫」なんじゃないかってくらい、スクープが続いてますね。
その中でもインパクトがあったのはファンキー加藤サン。不倫相手が芸人サンの奥様で、子供までできちゃったなんて。人生の応援ソングを熱く歌うお兄さんじゃなくなっちゃった。
けど加藤サンのスゴいのがいち早く会見で真摯に謝罪して、その日の夜にプロ野球の始球式に出るなど、不倫発覚前に決まっていた仕事から逃げなかったこと。
「ボール投げてる場合かぁ?」
大阪ドームでこんなヤジに耐えるのは相当つらかったはず。でも、強い意志で仕事に臨み続けた加藤サンも、糸が切れた瞬間があったみたいです。よくお店に来てくれる指名客で週刊誌カメラマンをしている方の話。
「週刊プレイボーイの連載で、加藤さんとハードボイルド作家の大沢在昌さんが対談したんです。大沢さんは歯に衣着せぬ発言連発で人生相談の連載をしていたレジェンド。よりによってのタイミングです。現場での加藤さんは目も合わせられず、声もかすれるほどの緊張。案の定大沢さんからの温かくも厳しい言葉に加藤さんは会話ができず、ほとんど編集者が進行せざるを得ませんでした。実際の掲載記事ではカットされましたが、対談後半、“本物の男”の話になってからは加藤さんは人目もはばからず大号泣。大沢さんも苦笑いするしかなかったみたいです」
以前から決まっていた仕事とはいえ、加藤サンにとっては大試練。でも、このタイミングで人生相談のレジェンドとの仕事が入っていたのは、加藤サンが何か持ってる証かな。騒動から逃げなかっただけでも、ゲスの何とかサンとは違う未来が待ってるはずですよ。
LINEで送る