「水曜日のカンパネラ」コムアイ秘密の同棲生活
2016.07.08
LINEで送る

[singlemenu][ptitle]
ebimao
本誌の直撃に「あ~、こんなことならちゃんと化粧しとけばよかった!」とのけぞった
 コンビニで買ったトリの唐揚げを頬張りながら歩くおかっぱ美女。彼女の名は、コムアイ(23)。いま、注目を浴びる音楽ユニット『水曜日のカンパネラ』のボーカルだ。
「『水カン』は、コムアイ、作詞作曲を担当するケンモチヒデフミ、マネジメント担当のDir.F(ディレクターF)の3人組。’12年から活動を開始し、昨年『ヤフオク!』のCMで一気に注目を集めました」(レコード会社関係者)
 摩訶不思議な世界観で中毒者続出中の『水カン』。なかでも「きびだーん♪」というラップがクセになる『桃太郎』は、YouTubeで900万回以上の再生回数を記録している。
「コムアイのキャラも人気の一因です。彼女は中学から慶應に通い、同大の環境情報学部を卒業した才媛。農業に興味を持って自給自足生活を送ったり、特技だという鹿の解体をライブで披露するなど、強烈な個性の持ち主です」(同前)
 ならば、私生活もさぞかしブッ飛んでいるのではないか。そんな期待を抱いていた本誌に、意外な情報が寄せられた。
「彼女は現在、30代のクリエイターと、都内のマンションで同棲生活を送っているようですよ」(イベント制作スタッフ)
 その一報を受けて取材を始めた本誌は6月下旬の昼下がり、愛の巣から一人で外出するコムアイの姿をキャッチ。冒頭のようにコンビニで唐揚げを買い、電車でライブ会場へ向かった。最近の彼女は多忙を極め自宅に帰らない日も多いが、部屋には毎晩明かりが灯る。そして、夕方になると外出するスリムな男性の姿が。彼こそがコムアイの同棲相手、K氏だ。
「K氏はイラストレーター兼翻訳家。ロサンゼルスに長く暮らしていたこともあってか、自由奔放な感覚の持ち主なんです。コムアイも、そんな彼の生き方に惹かれたのではないでしょうか」(同前)
 音楽界の新カリスマは、初の熱愛発覚にどうコメントするのか。7月上旬、自宅近くでコムアイを直撃した。
――フライデーです。
「はい……えっ、マジ!」
――Kさんと同棲されていますよね?
「は、はい」
―――おつき合いはいつから?
「知り合ったのは2年前だけど、一緒に住み始めたのは今年の4月です」
突然のことに戸惑いながらも、丁寧なコムアイ。7月8日発売のフライデー最新号では直撃の様子や冒頭のトリの唐揚げを食べるコムアイの姿が掲載されている。
今年はアーティストの「ゲス不倫」が続いたが実に爽やかな純愛ぶり。熱愛発覚しても人気はさらに急上昇するかも!?
詳細の書かれた本誌記事はコチラ!
写真:西原 秀
   
LINEで送る