新体操 フェアリージャパンに立ちはだかる「第2のキム・ヨナ」
2016.07.23
LINEで送る

[singlemenu][ptitle]
日韓対決!
金メダルに輝くのは
どっちだ?
image
ヨンジェはテレビ番組で「恋愛経験ゼロ」と告白。その後、所属事務所から「恋愛禁止令」が出されていると報道された
「かわいすぎる! まさにフェアリー級の美しさだ」
「いや、『新体操の妖精』は『第2のキム・ヨナ』のほうだ」
 日韓、いや全世界の新体操ファンがいま、激しい口論を繰り広げている。
 リオ五輪に出場する新体操日本代表「フェアリージャパン」の畠山愛理(21)。’15年にミス日本の特別賞を受賞するなど、その美貌から「美しすぎる新体操選手」として有名になった。’15年9月に世界選手権で40年ぶりとなるメダルを手にするなど絶好調だ。
「畠山選手は小学生のころからスタイルが抜群です。新体操はスタイルの差がほかの競技よりも影響するスポーツですから、好ポイントです」(新体操に詳しいライターの椎名桂子氏)
 一方、フェアリージャパンに立ちはだかるのが、韓国新体操界に現れたスター、ソン・ヨンジェ(22)だ。
 韓国ではCMにもひっぱりだこで、アイドル的な人気を誇る。
「韓国は新体操の強豪国ではないのですが、ヨンジェは表現力が高くて頭ひとつ抜きでた存在です。’12年のロンドン五輪で個人総合5位に入ったことは日本の指導者の間で衝撃として受け止められました」(同前)
 畠山は団体、ヨンジェは個人で出場するため、二人が直接対決することはないが、アジアを代表する美女がリオを舞台に世界を魅了することになりそうだ。
image
実力は折り紙つきで、「アジアでもっともメダルを獲る可能性が高い」(椎名氏)と言われている
image
畠山は日本女子体育大学に在籍中。趣味は髪の毛をアレンジすることで、いまは編み込みにハマっているという
PHOTO:スポーツコリア(ソン・ヨンジェ) アフロ
LINEで送る