ハリコミデスクO 「夏休み前にドカーンと、は行かず…」
2016.08.04
LINEで送る

[singlemenu][ptitle]
先週の真剣佑。
先方の事務所の顧問弁護士は、これまで何度もやり合った悪名高きN事務所のY。本誌の真剣佑の記事が出た後、予想通り、スポーツ紙やテレビ局など各メディアに懇切丁寧に脅しの文書を送るだろうということは想像してたのだが、まさかそれを受け取った各媒体が、Yの言うがままに、従順な羊のような対応を見せるとは思いもしなかった。蓋を開けてみれば、当然のごとく、各局、各紙、記事はスルー。そのくせ、どうでもいい「吉木りさの熱愛」や、ウチではボツになった「TOKIO長瀬のデート」の後追いネタを嬉々として取り上げたりで、うんざり。「はいはい悪代官様、仰せの通り、フライデーの記事なんか無視しまっせ。なので今後はぜひともお手柔らかにお願いしますだ」てな感じか。バカか。
こうなればもうウチだけ、独自の道を行ってやる。孤軍奮闘、唯我独尊。と、いまさらながら初心にふり返ったように決意を新たにしたのであった。
で、今週。
もちろん、ドカーンとスクープを飛ばして夏休みに突入~という目算だったのだが、狙いははずれて、追っていたスクープは、いまだ撮れず。てなわけで、今週号はちょっとジミにGACKTの密会。まあ。GACKTだから、けっしてジミってわけでもないんだが…。
実は当初、F山が仕入れた情報では、西表島でGACKTが密会していたのは、なんと浜崎あゆみのはずであった。ところが現地に行って見ると、あゆと同じようなサングラスをかけてはいるものの、あれっ、ちょっと雰囲気が違うような…。
「髪型もソックリですけど、たぶん別人ですね」とO記者。
――そうなの?
「グラサンかけると、顔はあゆそのものなんですけど、体型が…」
――違うのか。
「あゆのほうがもう少し、ほっそりしてると思います」
――が~ん!じゃあもう戻って来ていいよ。
記者3人&カメラマン2人も派遣しときながら、ネタは大ハズレ。いったい経費はいくらかかったのか。もったいねえ。結局、あゆではなかったが、強引にカラー3Pでなんとか記事にすることに。
ハリコミ日記は、ウッチーとSHERRYと赤西軍団。赤西と一緒にいたメンツは、城田優&山田孝之。今週はラッキー、と思いきや、記事の本数は少ないくせに、ダストが2件も!
このクソ忙しいのに、Sさんに電話か。いや、でもCさん案件がないだけ、まだマシか。
いや、でもCさんとはまた違っためんどくささもあるな、などと、どうでもいいことを延々考えてたら、あっという間に時間が経ってしまっていて、慌てて電話をかけたのであった。
記者でもなく、名刺すら持っていないパツキン小僧に、タレントの追跡&張り込みのまねごとをさせ、ひたすら現場を邪魔しまくる“文春”軍団。なんとかならんか。
LINEで送る