ハリコミデスクO 「円楽、紫艶、英孝…」
2016.09.15
LINEで送る

[singlemenu][ptitle]
今週は秋の合併号ということで、渦中の人の直撃ワイド特集。
まず、真っ先に直撃できたのが、狩野英孝。
「写真だけはやめて~」と懇願するものだから、やめてあげたんだけど、代わりにあれこれ喋ってくれて、ラッキー。一時はドロ沼三角関係だといわれていたが、現在は双方とも関係を修復し、一応、友人としてなんとかおさまったということだ。
円楽は、記者の顔を見るなり、 「わっ、オレまたなんかやっちゃった?」とビビりまくり。そうじゃなく、その後のことを聞きに来ただけですよ、と告げると、途端にホッとした表情に。例の彼女とは、さすがに会う回数は減りました、とのこと。そりゃそうだろうな。
紫艶のAVは、担当のF山にとっても青天の霹靂だったそう。で、今回、個人的な特殊関係で根掘り葉掘り、取材。気になる映像だが、どうやらイメージビデオ以上AV未満のやや中途半端な内容だそう。文枝については、もはや完全に吹っ切れたようだ。
志村けん。
先週の段階で、退院後の一週間で3回もガールズバーに行ってるのを目撃し、驚いたのだが、なんと今週になってもまったく飽きないようで、またまた行ってるところを発見。すごいね。写真を撮られても全然、おかまいなしだ。
ハリ班に新メンバーが入ったことで、数年ぶりに“ヒヨコ隊”を結成。最初の仕事は、高畑裕太の潜伏先の病院で張り込み。
しかしこれがもう難攻不落の場所で、噂通りの凄まじいセキュリティ。病院内にちょっと足を踏み入れただけでもコンシェルジュに追い返され、まるまる三日間張り込むも、全く姿は見られず。車はバッテリーがあがるわ、ちょっと街路樹にぶつけてしまうわで、さんざんな初陣であった。
それにしても高畑裕太事件、背後に真っ黒の闇が存在してたとは…。真相が次々に明らかになっていくな…。
LINEで送る