秋の合併号スペシャル企画 日本中を騒がせた!事件な男と女の「その後」ファンキー加藤
2016.09.23
LINEで送る

[singlemenu][ptitle]
「養育費1億円、映画も大コケ…前途多難」
image
「ずっと僕のことを応援し続けてくれたファンのことも裏切った」と謝罪するファンキー加藤
「背番号18ファンキー加藤〜」
 9月10日、楽天対日ハムの始球式にファンキー加藤(37)が登場、球場は歓声に包まれた。その3ヵ月前、女性週刊誌にW不倫を報道されてからここまでは、自らが蒔(ま)いたタネとはいえ険しい道だった。
 不倫相手は、お笑い芸人『アンタッチャブル』柴田の元妻A子さん。彼女はファンキー加藤の子どもを身籠(みごも)り、6月に出産した。加藤は、現在の妻と離婚せず、養育費約1億円を全額支払うことで合意した。
「謝罪会見の4日後に主演映画『サブイボマスク』の公開初日挨拶で出演者が揃(そろ)ったのですが、報道のカメラはほとんどファンキー加藤を狙ってましたね。"アモーレ"平愛梨も出演していたのに興行的には大コケ。12月発売のDVDで少しは回収できるといいんですけど」(映画関係者)
 事件から1ヵ月間は、それまでほぼ毎日近況を書いていたツイッターも更新されず、活動はゲスト出演のみだったファンキー加藤。この日はノーバウンドでストライクを決め、4曲を歌い球場を盛り上げた。11月からの全国ツアーが正念場だ。
LINEで送る