月イチ連載 国立 大カタギリ博物館 no.016 広島カープ 
2016.10.11
LINEで送る

[singlemenu][ptitle]
片桐 仁が制作する不条理アート
image
image
横幅375×厚さ135×高さ140(mm)2016年10月
 2016年の大ニュースと言えば、広島東洋カープ25年ぶりのリーグ優勝。今年一番のスポーツニュースだったかもしれません。特に野球ファンではないカーター卿も、お喜びでございました。ですが、なんだか気になりませんか? 『広島カープ』。というのも野球チームには『ライオンズ=獅子』『ジャイアンツ=巨人』と、それぞれ強そうな名前が付いています。一番微妙な『スワローズ=ツバメ』にも、スピード感があります。そんな中『カープ=鯉』……どうして?  魚だったら『鮫=シャークス』とか『鯨=ホエールズ』とか『鮪=ツナーズ』とかあったでしょうに……と、疑問に思っていたところ……、
「実は本当の『広島カープ』というのは、これのことなんじゃ」と、カーター卿が取り出したのが、片面が茶、反対面が赤の鯉の置物。……かと思いきや、頭が開く構造になっていて、中から現れたのが、言わずと知れた広島銘菓『もみじ饅頭』。……むむむ! これは如何に!?
 時は元禄、生類憐みの令が発布されて20年。魚好きで有名だった広島藩4代藩主、浅野綱長は、鯉が食べたくて仕方がなかった。しかしそんなことをしては、藩はお取り潰しになってしまう。そこで家臣が”鯉形の張り子に入ったもみじ饅頭”を殿に届けたところ、「これは価値有り! 父上にも献上せねば!」と、大喜び! その後、庶民の間で『広島価有父』として大流行! 転じて1950年、広島にプロ野球球団が作られる際に、”価値の有る、父に誇れる球団”になろう! という願いを込めて『広島カープ(=鯉)』になったんですって! どう? この話?

10月10日まで「イオンモール広島祇園」にて開催中の『ギリ展』で『広島カープ』が見られます!
image
自身のアトリエで『広島カープ』にもみじ饅頭を与えるカーター卿。
『ギリ展』は、10月21日~11月6日には「イオンモール高知」で開催します
image
かたぎり・じん(サー・カーター卿)42歳。
11月11日より、舞台『サバイバーズ・ギルト&シェイム』に出演予定です!
PHOTO:大坪尚人
LINEで送る