来日したゲンスブール Jr.がデートの場所に選んだお店
2016.10.13
LINEで送る

[singlemenu][ptitle]
父はブリジット・バルドーはじめ
数々の浮き名を流したモテ男だが…
image
午後4時過ぎ、店を出るゲンスブール(左)と恋人。この後、ヘアサロン『bloc』に寄ってからホテルへ
『ウェスティンホテル東京』の真ん前に白いロールスロイスが横づけされたのは、10月8日の昼下がりのこと。ほどなくして、ジョニー・デップをパンパンに膨らませた感じの巨漢が美女二人を伴って車内へ。向かったのは六本木の高級レストラン……ではなく、近くの居酒屋だった。
「座敷にチョコンと座っていましたよ。一瞬、ゴーストライター問題の佐村河内(守)さんが来たのかなと思ったのですが、スタッフさんたちの会話で、セルジュ・ゲンスブールさんの息子・ルルさんだとわかりました」(店の関係者)
 ブリジット・バルドーやジェーン・バーキンらビッグネームと浮き名を流した父の面影は――ないが、音楽の才能は継承。それこそ本物のジョニー・デップら大物とコラボしてアルバムを出している。今回もライヴのための来日で、「一緒にいたのは彼とユニットを組んでいるアラ・スタルクと恋人のリル」(レコード会社幹部)だという。ちなみにアラの父は、アサヒビール東京本社の通称『うんこオブジェ』などを手掛けた著名デザイナー。世界的2世ユニットってわけだ。約1000円のランチが口に合ったのか、ゲンスブールと女たちは3時間近くも滞在。居酒屋デートを楽しめたようで何よりだ。
PHOTO:島 颯太
LINEで送る