ビッグな鉄腕アトムがハロウィンを盛り上げる!
2016.10.15
LINEで送る

[singlemenu][ptitle]
新宿副都心に出現
image
南大介 ’79年生まれ。出身の岡山県久米南町のふるさと大使。10/19〜26、舞台「フルーツバスケット・改」に出演。twitter:@yajikitadoutyu
「新宿・高田馬場で’03年4月7日に生まれた有名人はだーれ?」
 答えは、鉄腕アトム。手塚治虫マンガの中では、その日に天馬博士の手によって作られたアトムだが、実際’03年4月7日に、「新宿未来特使」に就任。以降新宿区のシンボルとなってきた。
 そのアトムが、新宿住友ビルの壁面に9月下旬から出現しているのをご存知だろうか。これは、アートイベント「新宿クリエイターズ・フェスタ2016」の一環として、フィルムラッピングという手法で飾られたもの。これだけ巨大なので、遠くからでもかなり目立つ。
「ハロウィン時期には待ち合わせ場所として、この場所にコスプレした人たちがわんさか登場しそうですね」
 そう語りつつ、一足先にアトムコスプレで登場したのは、お笑い芸人の南大介氏。本誌連載でおなじみ、ラーメンズ・片桐仁氏の後輩でもある。片桐氏と同じくアートに造詣が深く、青年漫画誌「モーニング」で新人賞の受賞歴もあり、
「手塚治虫先生は神のような存在。そのキャラクターの前でコスプレできるなんて光栄です」(南氏)
 アトムラッピングは10月31日のハロウィンまで。記念撮影で撮り逃しのないように!
PHOTO:小松寛之
LINEで送る