大谷に「日ハムもお手上げ」
2016.10.22
LINEで送る

[singlemenu][ptitle]
ポテンシャルが想像以上だった? メジャー行きのカネとタイミング

165km剛速球&151kmフォーク
image
当初は二刀流に否定的だったメジャーも「反対してヨソに獲られては困るから認めざるを得ない。ドジャース、レンジャーズ、レッドソックスが手を上げるだろう」(MLB関係者)
 いよいよ始まる、’16年シーズンの頂上決戦。目玉のひとつが日本ハム・大谷翔平(22)と広島打線の対決だ。CSファイナルステージで165㎞を連発した大谷を、赤ヘル打線は攻略できるか――。
 今季、打率3割9厘で打撃ベストテン3位に入った西武の主砲・浅村栄斗(ひでと)(25)にこんな質問をしたことがあった。
「大谷の真っ直ぐは見えるのか?」
 浅村の答えは「目で見るのではなく、タイミングでスイングする」だった。
 直球と見せかけた151㎞の超高速フォークが来るかもしれないが……?
「真っ直ぐのタイミングで振りに行って、見逃(みのが)せたら見逃します。甘く来ればフォークのほうがチャンスがある」
 浅村ほどの一流打者でも、こんなギリギリの駆け引きをしなければ対応できないレベルに大谷は達していた。
 花巻東高時代から大谷のフォームを動作解析してきた筑波大学体育系准教授の川村卓(たかし)氏は「球速だけの話をするなら、大谷はもう170㎞を出せるところまで来ている」と言う。
「先発したファイナルステージ第1戦と165㎞を出した第5戦では、明らかにフォームを変えていました。第1戦ではいつもよりヒジを高く上げ、ステップ幅を短くして投げていた。コントロールを意識したコンパクトなフォームでした。ところが第5戦では一変。少し腕を横振りに変えていました。スリークォーター気味で投げるほうが腕の回転は速くなる。スピード重視のピッチングをしたのでしょう。世界最速投手のチャプマン(カブス)のように、もっと腕を斜めから出して、身体を横に回転させながら投げれば、170㎞は出るんじゃないでしょうか」
 しかし、大谷が目指すのはそこではない。ここ数年、取り組んでいるのは真っ直ぐの「質」の向上だ。速いだけでは打たれる。事実、オリックスの糸井嘉男には164㎞をヒットされた。
「ボールの回転数は多いはずですが、スピードが速すぎて、回転の効果でボールに伸びが出る前にキャッチャーに届いてしまうのです。もうひとつの問題は身体の開き。大谷は手が長いから、人よりも腕を遠回りさせて投げる。遠くにある手を速く回そうとすると、どうしても身体が早く開いてしまい、ボールが見やすくなる」(川村氏)
 だが、それは百も承知。大谷がコンパクトなフォームで投げているのは、身体が開かないようにするためだ。フォームこそコンパクトだが、プロ入り後、4年かけて体幹を鍛え、体重は100㎏まで増加。全力を出さなくとも160㎞台を出せるようになりつつあるのだ。
「大谷と日本ハムの契約には『メジャー挑戦を許可する』旨が記されたサイドレターが存在するでしょう。ダルビッシュ有や田中将大をベースに考えれば、そのタイミングはプロ入り7年目の’19年だと見ていたのですが、大谷は進化のレベルも速度も想像以上。まだスーパースターは手放したくないけど、こんな活躍を続けられたら、どれだけ年俸を上げねばならないか予想もつかない。球団はお手上げでしょうね」(MLB関係者)
 それが来オフの移籍が囁(ささや)かれている理由だという。スポーツライターの友成那智氏によれば「米国の著名な野球アナリスト、デーブ・キャメロン氏は、メジャーを含めた投手世界ランキングで大谷を6位に入れている」という。
「11位のダルを抑え日本人トップです。来オフ、FA市場に上がるエース級はおそらく、アリエッタ(カブス)一人。大谷は田中を超える7年1億7500万㌦(約182億円)くらいのメガ・コントラクト(契約)を結ぶのでは」
 すでにOBに紹介されたレッドソックス関係者や、レンジャーズのスカウトと接触しているという大谷。たしかにこの男に、ニッポンは狭すぎる。
image
10月16日、真っ直ぐがオール160㎞超えという圧巻のリリーフを見せ、CSファイナルステージを締めた大谷
HOT WORD: 大谷翔平
LINEで送る