米大統領選候補者をイジる看板&メッセージが超笑える
2016.11.01
LINEで送る

[singlemenu][ptitle]
公開討論会は「子どものケンカ」で最低だけど
image
自由と民主主義の象徴である自由の女神像が、トランプに右ストレートをくらわしている。トランプのスローガンである「アメリカを再び偉大に」に対して、「KEEP AMERICA GREAT!(いまのまま偉大であれ)」と反論している看板
(c)Getty Images
散々泥仕合を展開してきたアメリカ大統領選挙。「子どものケンカ」と揶揄された公開討論会も終わり、あとは11月8日の投票日を待つばかり。史上稀に見る「嫌われ者同士」の戦いはどんな決着を見せるのか? 街には、大統領選にまつわる皮肉に満ちた看板や候補者をからかうメッセージが溢れていた。大統領選挙はサイテーだがジョークのセンスは秀逸だ!
image
TRUMPからTを取った「RUMP」は尻の意味。トランプの髪型をした尻が話しているが、意味不明。トランプの話が支離滅裂で理解不能であることを揶揄している。この絵は人気でグッズも売られている
(c)Getty Images
image
「1ドルくれ、さもないとトランプに投票するぞ」。このジョークまじりの手法にネットは大盛り上がり。SNSに投稿されたこの写真に、「彼はいまごろ億万長者だ!」との書き込みも
(c)ロイター/アフロ
image
ヒラリーの名前のなかに"LIAR嘘(嘘つき)の文字を入れこんだプラカード。メール事件や政治献金問題など、ヒラリーの言うことは嘘ばかりというメッセージが込められている
(c)AP/アフロ
image
「我々はすべての宗教・信条の人を歓迎します。ただし、カツラを被った無能なトランプは除く」というメッセージ。一見するとロンドン交通局の伝言板だが、これはネット上でホンモノそっくりに作成できる『Service Information Sign Maker』というソフトで作られたもの。このトランプについてのメッセージはSNSを通じてたちまち拡散した
LINEで送る