六本木発 ミーハーキャバ嬢Xは見た!ビラ配りをするシャ乱Qのあの人
2016.11.09
LINEで送る

[singlemenu][ptitle]
「只今ランチやってます!焼きそば専門店オープンしました。よろしくお願いします!」
かなり体格のいい男の人が、大きな声で必死にビラ配りをしています。場所は六本木ミッドタウンの向かいの路地裏で、ランチタイムでもあまり人通りがない寂しいところ。とはいえ焼きそば専門店という聞き慣れない響きとビラの人の必死さに思わず受け取り、何となく顔を覗いてみたらビックリ!なんとビラ配りの男性は、シャ乱Qのはたけサンでした。
はたけサンは数年前から六本木でカラオケバーを経営しているので、路上でご本人を見掛けることはありました。でもまさか名曲『シングルベッド』を作曲したミリオンセラーアーティストがビラ配りをしているところに遭遇するなんて驚きです。
これはネタになるなと店に入ってみると、厨房の熱い鉄板の前で手際よく焼きそばを作っているのは意外にも女性の方。そしてこの店の焼きそばは、すき焼き風に生卵につけて食べるという斬新なスタイルでした。最初は違和感アリアリなんですが、実はこれが絶品!女性店員サンいわく、東京では珍しいけど大阪ではいたって普通のことだそう。美味しいランチを頂き店を出てみると、はたけサンはまだビラ配りを続けていました。
六本木事情をよく知る飲食店オーナーさんの話。
「はたけサンはカラオケバーのオープンをきっかけに六本木に来るようになり、すっかりこの街が気に入ったようです。芸能人ならではの驕り高ぶるような姿勢は微塵もなく、周りの店の経営者の方々と協力して街を盛り上げようと必死になってくれてます。バーの経営も順調ななか、最近結婚された奥様が焼きそば専門店をやりたいというので、二人で研究に研究を重ねてオープンにこぎつけたようです。ちなみにお店に行ったなら見かけたかと思いますが、厨房で焼きそばを作っている方が奥様ですよ(笑)」
えっ!?
はたけサンがビラ配りをしていた理由は、新婚の奥様とともに立ち上げたお店を宣伝するため?はたけサン、ごめんなさい。ミリオンセラーアーティストがビラ……なんて、ちょっと失礼なことを書いてしまいました。ぜひ皆さんも、お二人の愛が詰まった焼きそば専門店に足を運んでみて下さい。焼きそばの概念が変わりますよ!
LINEで送る