オリヴィア・マンが魅せた「乳首が透けるエロいドレス」
2016.12.04
LINEで送る

[singlemenu][ptitle]
男たちは
見ていいのか、
見ては
いけないのか
image
継父が米空軍関係者。その仕事の関係で、幼少のころ、横田基地(東京)周辺に住んでいたので、日本語が少し話せる
 目を凝(こ)らせば、色鮮やかな草花の刺繍(ししゅう)のなかに、慎ましく熟れた二つの"果実"……! スケスケのドレスで乳首を披露してくれたのは、米女優オリヴィア・マン(36)だ。
 11月20日、LAでおこなわれたアメリカン・ミュージック・アワード(AMA)のレッドカーペットに現れた彼女。出演作に映画『アイアンマン2』『X‐MEN:アポカリプス』などがある。知的なキャラクターでありながら、セクシーな役どころも厭(いと)わないので、ハリウッドでは重宝されている女優だ。
「着ているドレスはテイラー・スウィフトやミランダ・カーら多くのセレブが愛用するブランド『リーム アクラ』の来季のもの。本来ロングのお姫様ドレスが得意なデザイナーですが、このように流行のシースルーを採り入れています」(米ファッション誌エディター)
 こんな"魅せたがり女性"に出会うという天恵に浴したとき、ガン見していいのか、あくまでも平静を装うべきなのか――。男としては悩ましいところだ。
PHOTO:AFLO
LINEで送る