徹底追及第3弾 成宮寛貴「コカイン吸引疑惑」の闇
2016.12.16
LINEで送る

[singlemenu][ptitle]
ebimao
成宮が新宿二丁目のバーを訪れたときに撮影された写真。当時、彼はまだ未成年だった
 成宮寛貴(34)が突然の引退を発表したのは、12月9日のこと。本誌が2週(12月16日、23日号)にわたって疑惑を報じて以来、公の場に一切現れることなく姿を消してしまった。
 12月7日、所属事務所・トップコートは本誌の取材に対して、
「本人に尿検査を実施し、陰性の結果を得ている」
 と回答。ところが、いつ、どこで、どのように検査をしたのか問うても、具体的なことは何一つ答えようとしない。そもそも「摂取したコカインが尿から検出されるのは長くても一日」(元厚労省麻薬取締部主任鑑定官で薬学博士の牧野由紀子氏)である。しかし、なぜか成宮は尿よりも長期間にわたってコカインが滞留するという毛髪検査を受けていない。事務所は尿検査の結果を"錦の御旗"のように喧伝しているが、疑惑の払拭にはほど遠いのである。
 さらに、テレビ各局は成宮の引退声明文に書かれた「セクシャリティな部分」についてのみクローズアップする始末。本誌既報の記事を読めばわかる通り、本誌は成宮のセクシャリティに関して、揶揄(やゆ)するような記述は一切していない。
 本誌の第一報後、成宮のコカイン吸引疑惑はテレビ各局で取り上げられ、多くのタレントがコメントを寄せた。とくに本誌報道に怒り心頭だったのが、石原良純(54)だ。12月4日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)で、
「こんなもの(記事)を出していいの? こちら側は警察を含めて徹底的にやったほうがいい。雑誌をつぶす覚悟でやったほうがいい」
 と発言している。本誌は12月13日、テレビ番組の収録を終えた彼に、発言の真意を問うため、本人を直撃した。
――成宮さんの薬物疑惑で、本誌報道の何が問題だったのですか。
「あれは……僕は特定の人の話じゃなくて、雑誌というのは社会悪をなくすという目的があるわけじゃないですか」
――はい。
「そのために、あのぉ〜、う〜んとねぇ、要するに、悪いことをした相手が立件されることを目指しているワケでしょ? だから、あのタイミングで報道したことは、少し早かったんじゃないかな」
 あの激怒ぶりはどこへいったのだろうか。
 FRIDAY最新号では、成宮の別カット、そして"コカイン吸引"を本誌に告発したA氏の新証言も掲載している。
詳細の書かれた本誌記事はコチラ!
 
HOT WORD: 成宮寛貴
LINEで送る