麻央の完治を祈って 「海老蔵の願掛け」
2016.12.22
LINEで送る

[singlemenu][ptitle]
ebimao
16年11月下旬の朝、福岡の街を歩く海老蔵。散歩のときは、いつもダウンにスウェットパンツというスタイル
 朝8時、福岡のホテル『ヒルトン福岡シーホーク』から出てくる男の姿があった。市川海老蔵(39)である。
「公演中、海老蔵さんは毎朝同じ時間に散歩するのが日課なのです。食べるものも同じ。約1ヵ月間、公演中は毎日同じものを食べるようにしているんです。体調を一定に保つという意味もありますが、公演の成功を祈る願掛けでもあるのです」(梨園関係者)
 冒頭の姿は、11月下旬に博多座十一月花形歌舞伎で福岡に滞在していた時の海老蔵の様子だ。この日の願掛けは、海老蔵にとって公演の成功のみを祈ったものではなかった。海老蔵は医学的な治療以外にも、妻・小林麻央(34)の進行性乳がんの完治のために手を尽くしてきた。
「海老蔵さんは麻央さんの完治を願い、成田山新勝寺の分院で祈禱をあげてもらっていたそうです。成田山は『成田屋』という屋号のもとになった、市川宗家とは縁の深いお寺。大好きだったお酒もよほどのことがない限り、断っているそうです。博多での歌舞伎の公演中、共演者らに連れられて中洲の高級クラブに行ったそうですが、その時もほとんどお酒には手をつけず、早々にホテルに帰ったそうです」(同前)
 16年12月17日、麻央は「今年の一文字」というタイトルでブログを更新。自分にとって16年の漢字は「苦」だとして、「そんな年があってもいいか」と綴っていた。苦境に陥っても明るく振る舞う彼女の姿に多くの人が心を打たれた。FRIADY最新号では、麻央と姉・麻耶(37)のツーショット写真も掲載している。
PHOTO:田中俊勝
詳細の書かれた本誌記事はコチラ!
 
HOT WORD: 市川海老蔵
LINEで送る