あゝテレビ業界残酷物語 ブラックすぎる撮影現場をADが激白! 1/3
2016.12.31
LINEで送る

[singlemenu][ptitle]
3ヵ月間休みなしで働かされ、上司から「死んでしまえ!」と罵られ、朝まで説教された居酒屋の勘定を払わされる……

キラキラ輝くテレビ業界。その番組制作を裏で支えるのは現場のAD(アシスタントディレクター)たちだ。華やかな世界で忙しそうに働くその姿は、傍目にはキラキラと眩しく輝いて見える。しかし、労働環境は想像以上に過酷なものだった。3K、4K、セクハラ・パワハラにいじめ、嫉み、面倒臭すぎる人間関係……。ADたちの叫びを聞け!
image
image
ここまできたら笑うしかない
テレビ現場の過酷な実態
「3ヵ月間一日も休みがもらえなくて、次の休日が一体いつなのかもわからなかったときはさすがにヤバいな、と思いました」
 そうタメ息まじりに語るのはAD歴2年の中村マイさん(仮名・23歳)。中村さんは制作会社のADとして新卒で入社。昔からテレビっ子で、芸能人になりたいと思っていた時期もあった。しかし、少しでも華やかな世界に近づきたいと意気込んで飛び込んだADの世界で、彼女を待ち受けていたのは、地獄だった。




LINEで送る