モザイクが取れて騒然!韓国 崔順実娘の「整形やりすぎ疑惑」
2017.01.10
LINEで送る

[singlemenu][ptitle]
ついに逮捕状!
ワガママ母娘に国中から怒りが

After
image
’16年11月、中央日報に載ったチョン容疑者の画像。掲載時はモザイクがかかっていた。崔が購入したドイツのホテルで撮影されたとされる
「彼女は『整怪(ソンケ)』と呼ばれています。整形手術をやりすぎて、まったくの別人になってしまった怪物という意味です」
 韓国紙記者が話すのは、朴槿恵(パククネ)大統領を操っていた崔順実(チェスンシル)の娘チョン・ユラ容疑者(20)についてだ。チョン容疑者には梨花(イファ)女子大学入学時に不正があったとして、’16年12月21日に業務妨害の疑いで逮捕状が出た。これまで報道の際は一般人ということでモザイクがかけられていたが、容疑者となり素顔が出るや国民は仰天。新たな騒動がまき起こったのだ。
「整形疑惑です。馬を乗りこなす少女としてチョン容疑者は教育番組などに出演、幼いころから多くの国民に知られていました。しかし、現在の顔は当時とまったく違う。ふくよかな輪郭がシャープになり、目は倍以上の大きさになっていたんですから」(ジャーナリスト・高月靖氏)
 彼女は高校3年生の時、ネット上に溢(あふ)れる脂肪吸引批判のコメントに対し自身のSNSでこう反論している。
〈私も脂肪吸引するわ。それのどこがいけないっていうの?〉
 また韓国のテレビ局JTBCによると、崔が利用していた芸能人御用達の「キム・ヨンジェ整形外科」の顧客名簿には、チョン容疑者の名前が載っていたという。
「母親の勧めで、高校生になってから半年に一度のペースで病院に通っていたそうです。院長のキム・ヨンジェ氏はチョン容疑者を無料で手術する代わりに、朴大統領を紹介してもらったとか。実際’15年5月に朴大統領がアフリカ・フランスを歴訪した時には、キム院長が随行しています」(前出・記者)
 逮捕状が出て、逃亡先のドイツから難民申請をしスイスに亡命したと言われるワガママ娘。韓国特別検察は彼女を指名手配し、世界中から情報を集めている。

Before
image
中学卒業時のチョン容疑者。高校はソウル市内の名門・清潭(チャンダム)高に進学。’15年5月に韓国の一般男性との間に男児を出産。12月に結婚した
image
10歳の時、韓国の教育番組EBSに出演した時の映像。乗馬センス抜群の少女と紹介され、崔もともに出演した
LINEで送る