シリーズ 「セレブのお宅」拝見!35 リヴ・タイラー(39) 「アルマゲドン」女優がロンドンに引っ越した理由
2017.01.12
LINEで送る

[singlemenu][ptitle]
image
エレベーターが付いており、専属のハウスキーパーもいるなど、乳幼児を2人かかえるリヴにとっては住みやすい家だ
「リヴ・タイラー(39)といえば、『アルマゲドン』や『ロード・オブ・ザ・リング』が有名ですが、最近では'14年に始まったテレビドラマ『Leftovers/残された世界』で再び注目されています。このドラマは'17年春にシーズン3の放映が開始します」(映画ライター)
 ロックバンド、エアロスミスのボーカル、スティーブン・タイラー(68)の娘で女優のリヴ・タイラーが北ロンドンに引っ越した。
 彼女は'14年冬にスポーツエージェントのデイブ・ガードナー(59)と婚約。前夫との間に男の子がいるが、'15年にはガードナーとの間にも男の子を出産した。さらに'16年7月には第3子となる娘も誕生している。新居は6つのベッドルームがあり、家賃は1週間5750ポンド(約84万円)。彼女は生粋のニューヨーカーだが、ロンドンに引っ越したのはナゼか?
「これまでリヴは『いつか家族で過ごせる時間がほしい』と発言していました。今回、第3子誕生のタイミングで、ようやく家族の時間を優先させる決意をし、ガードナーの仕事場であるロンドンでの暮らしを始めました」(前出・映画ライター)
 引っ越しは、女優業より家族を取るという大きな決断だったようだ。
image
PHOTO:Splash/アフロ Michael Zorn/Invision/AP/アフロ(顔写真)
LINEで送る