六本木発 ミーハーキャバ嬢Xは見た!人気芸人がクラシックカーで買い物
2017.02.08
LINEで送る

[singlemenu][ptitle]
夕方の六本木通りをそろそろと徐行しながら走って来た車が、高級スーパー成城石井の前で停車しました。
かなり安全運転のこの車、クラシックな雰囲気で見たこともなく、けっこう車好きなワタシでもまったく車種が分かりません。でもこういうクラシックカーに乗るのはたいていセレブな芸能人と相場が決まっているので、偵察開始です。
しばらくして降りてきたのは背の高い男性。ライダースジャケットにヴィンテージジーンズ、サングラスを掛けた姿はイケメン俳優さながら。しかし、チリチリ天パーの髪の毛を隠さないと誰なのかは一目瞭然、男性は東野幸治サンでした。
東野サンは成城石井に入ると、一目散に店内奥へ。輸入ワインなどのあるコーナー方向ですが、あまりの早さに付いていくとバレそうなので深追いはやめて店前で待機。あっという間に買い物を終え、手提げ紙袋を持った東野サンはクラシックカーに乗り込みました。
以前バラエティ番組で、「楽しい飲み会でも二時間が限界。じっとしてられない。せっかちな性格が悩み」と語っていた東野サン。その性格通りの驚異的な買い物スピードでした。
でも今回の早さはせっかちどうこうではなく、きっと路上駐車していたから。東野サンは2007年、麻布十番で接触事故を起こしたところを現場写真付きでフライデーされています。たかが駐車違反だとしても、車がらみでのトラブルは避けなくてはいけないと肝に命じているのでしょう。発進する時も何度も右後方を確認。ゆっくりと六本木通りの流れに乗っていきました。
でもそこまで注意するなら、路駐もしなければいいのに……。成城石井のすぐ横にはコインパーキングもあります。ましてや東野サンが停めた場所は、実は微妙にバス停の白線内。ちょっと脇が甘いと言わざるを得ませんね(笑)
ちなみに後日、東野サンの愛車を調べるとトヨタのオリジンと判明しました。とんでもない金額の欧州クラシックカーかと思いきや、値段も芸能人にしてはおとなしめ。猫も杓子もベンツ・ポルシェ・ジャガー・マセラティの芸能界の中では、好感度大ですね。
LINEで送る