スクープ撮! 清水アキラの息子「清水良太郎」と俳優・遠藤要「闇カジノで違法賭博疑惑」現場写真!
2017.02.10
LINEで送る

[singlemenu][ptitle]
ebimao
闇カジノが入っている雑居ビルから出てきた清水(右)と遠藤(左)。明らかに人目を気にしている様子だ
 この写真は1月下旬、東京・池袋の雑居ビル前で撮られたものだ。写っているのはタレントの清水良太郎(28)と俳優・遠藤要(33)である。彼らが出入りしていたのは高額な現金をチップに替えギャンブルを行う「闇カジノ」だ。
 清水は「ものまね四天王」清水アキラ(62)の三男。俳優としてデビュー後、現在は父の後を追い、ものまねタレントとしてバラエティ番組に出演している。一方の遠藤は07年の映画『クローズZERO』でデビューし、小栗旬や山田孝之とも共演した個性派俳優だ。
 闇カジノはもちろん違法行為。店側は警察の摘発を避けるため、身元を保証する「会員」の紹介なしに、誰でも自由に店内で遊ばせることなどさせない。二人が「バカラ」というギャンブルに興じる様子を目撃したA氏はこう証言する。
「彼らは店に入ってくるなり、慣れた様子でバカラ台に向かいました。スムーズに入店していたところを見ても、すでに会員だったんでしょう。現金をチップに替える手つきもこなれていたし、よっぽどの常連だなと感じました。二人は席に座ってしばらくは少額を賭けていましたが、1時間が過ぎたころから大きく張るようになっていきました。二人はこの日だけで100万円近くカネをつぎ込んだんじゃないでしょうか。遠藤のほうが先輩格のようで、清水は『アニキ、(バンカーとプレイヤー)どっちに張ればイイっすかね』と話しかけていました」
 本誌は2月6日、自宅から車に乗り込み外出する清水を直撃。しかし、後部座席に身をかがめ、無言のまま走り去ってしまった。
 FRIDAY最新号では、闇カジノでバカラに興じる二人の現場写真も掲載している。
撮影 西 圭介
詳細の書かれた本誌記事はコチラ!
 
LINEで送る