三代目JSB 山下健二郎「金髪美女と3日連続デート」
2017.02.17
LINEで送る

[singlemenu][ptitle]
ある日はつけ麺を、
ある日は優しく送り迎え…
どうもかなりの熱い仲
image
3連続デート中に山下が素顔を見せたのはサンバイザー裏のミラーを見たこの一瞬だけ
 スーパー『ライフ』の駐車場に、黒光りするベンツ・ゲレンデヴァーゲンが現れたのは1月下旬のある寒い夜のこと。
 運転席には黒ずくめの男が座っていた。黒いフードをスッポリかぶり、その下にさらに黒いキャップを着用。顔のほとんどがマスクで覆(おお)われており、外からは、わずかに目だけが確認できる。
 その目を手元に向け、男がスマホをいじり始めると、どこからともなく、ブロンド美女が登場。ツカツカとゲレンデに歩み寄ると、躊躇(ちゅうちょ)なく助手席のドアを開けた。お待たせ――とばかり、慣れた様子でシートに座り、ドアを閉めるとゲレンデは静かに走り去った。
 翌日の夜――再び、あの黒光りするゲレンデが『ライフ』の駐車場にやってきた。運転席の男は前夜唯一、見せていた両目をサングラスで隠している。助手席には同じ金髪美女。彼女と一緒だから警戒度を上げたのか。と、男は何かが気になったようで、サングラスをズラしてサンバイザーの裏の鏡で自分の顔をチェック(写真)。ここで異常警戒の理由が判明した。ハンドルを握っていたのは、『三代目J Soul Brothers』のパフォーマー、山下健二郎(31)だったのだ。芸能プロ幹部が言う。
「いまや、兄貴分の『EXILE』をも凌(しの)ぐ人気の『三代目JSB』。なかでも関西人で口が立つ山下は『踊る!さんま御殿!!』(日テレ系)などのトークバラエティも、『オールナイトニッポン』のパーソナリティもこなすマルチな存在。三代目では岩田剛典の次にブレークすると言われている大注目株ですよ」
 金髪美女はゲレンデから降りると、『ビックロ』とロゴが入った袋を抱えて、近くのマンションへ入っていった。一方の山下は再びサングラスを装着。5分ほど車を走らせた先の月極め駐車場にゲレンデを停め、近くの行列のできるつけ麺屋へ向かった。
 数分で件(くだん)の金髪美女が再合流。二人はカウンターに並んで仲良く、つけ麺を啜(すす)るのだった。15分ほどで食べ終えると、先ほどのマンションへ。
 実はこのマンション、山下の自宅である。本誌は『ライフ』の近くで3日連続、二人を目撃したのだが、『ライフ』が定番デートコースだというわけではなく、単に彼女が3日続けて山下の家に遊びに来ていただけだった。確実なのは、二人が熱い仲であること。レコード会社関係者は、「いいお付き合いをしていると聞いています。彼女は日本人で一般の人だそうです」と言い、山下の所属事務所も「プライベートは本人に任せています」と交際を否定しなかった。
 かつて『月刊EXILE』誌上で好みのタイプを「ハーフっぽい人で色が白く、肌がきれいな人」と言っていたという山下。自分に正直な男なのである。
image
食券を買う際は山下がレクチャー。人目は気にしつつも、仲良さげにお喋りしながら、つけ麺をたいらげた
PHOTO:高塚一郎 西原 秀(2枚目)
HOT WORD: 熱愛
LINEで送る