木村拓哉&工藤静香カッコよすぎる愛犬お散歩ツーショット


木村拓哉&工藤静香カッコよすぎる愛犬お散歩ツーショット

マスクを装着し、ソーシャルディスタンスを保ちながら裏通りを歩くという用心深さ。完璧だぜ、キムタク!


 チェッカー柄のハーフパンツにクツ下&スニーカー。日本のおっさんがやると絶望的にダサくなる「西海岸ファッション」も、木村拓哉(47)だと似合ってしまうから不思議だ。しかも、お供はドッグマニアなら思わず二度見する希少犬が2匹。愛妻の工藤静香(50)も一緒だ。


 そんなカッコよすぎる木村夫妻が向かったのは都内の動物病院。静香が受け付けを済ますと、キムタクは一般の飼い主に交じって、エントランス前に置かれたイスで待機。時折、愛犬を抱き上げて、あやす姿すら絵になる。


 30分ほどでサッと診察を済ますと、薬らしきものを受け取り、キムタクたちは動物病院を後にした。


 開始わずか1日でフォロワー数100万人を突破したインスタグラムで、キムタクは連日、「STAY HOME!」「STAY SAFE!!」と呼びかけている。


 インフルエンサーとして、自ら不要不急の外出を避けているのである。


「木村家は犬を5〜6匹飼っており、朝晩の散歩が日課になっているのですが、キムタクと静香という組み合わせは珍しいですね。どちらか一人に長女のCocomi(19)、次女のKōki,(17)らがついていくのが常でしたから」(芸能プロ幹部)


 娘たちのデビューに際し、キムタクが心配したのは、実力が正当に評価されないこと。ゆえに謎めいた芸名で売り出したのだ。順調な滑り出しに満足したのだろう、テレビ番組で父は「感覚的には年の離れた友達」と娘たちを評価した。


「2016年、キムタクが翻意したことで『SMAP』の独立計画は頓挫しました。義理を果たし、ジャニーズ事務所を救った彼には、幹部のイスが用意されるでしょう。中居正広(47)が去った現在、ジャニーズには『キムタク』を凌ぐブランドはない。事務所にも木村家のファミリービジネスに口出しできる人間はいないはずです。また、残留するよう夫を説得し、自らの人脈で娘を売り出したのが静香。良妻賢母とは彼女のことですよ」(キー局プロデューサー)


 芸能界最強家族の歩みが始まる。


PHOTO:︎山田宏次郎


詳細の書かれた本誌記事はコチラ



あなたにオススメ
FRIDAY GOLD

11月13日発売

FRIDAYゴールド11月13日発売