関係者が明かす 木村花さんが語っていた『テラハ』出演への不安


関係者が明かす 木村花さんが語っていた『テラハ』出演への不安

台湾映画『女優,摔吧!』の撮影準備を行う木村さん。映画は今年8月に公開予定で、プロレスラー役として出演している


「花と最後に仕事をしたのは、昨年9月のことでした。『スターダム』の女子プロレスラーたちが出演する台湾映画の撮影のため、コーディネーターとして2ヵ月間ずっと彼女たちに同行したんです。

 花は映画にプロレスラーとして出演するだけでなく、台湾の女優さんのスタントもしていたので、撮影現場ではいつも大活躍。また、彼女は英語ができるので、撮影でも同じ所属先の外国人選手の面倒をよく見ていました。自分の置かれている状況をよく理解し、人の気持ちを思いやれる頭の良い子でしたね」(株式会社アートメディアの森本陽介社長)


 5月23日未明、女子プロレス団体「スターダム」の看板選手、木村花さん(22)が江東区の自宅で心肺停止状態で発見され、搬送先の病院で死亡した。木村さんは’19年9月からネットフリックスとフジテレビで配信・放送中の恋愛リアリティ番組『テラスハウス』に出演。番組内での言動に関してSNS上で誹謗中傷を受けており、それらは多いときで一日100件以上にも及んでいたという。


 当日の様子について、近隣住民が語る。


「午前3時半過ぎ、マンションから救急隊員が若い女性を担いで出てきました。その後、ガスマスクをつけた隊員たちが心臓マッサージを始めたんです。硫化水素による自殺だという声が聞こえ、周囲は慌ただしい雰囲気に包まれていました」


 木村さんは『テラスハウス』に出演し始めた頃から、すでに〝不安〟を漏らしていたという。前出・森本氏が回想する。


「昨年の10月、花は『1ヵ月ぐらいで番組をクビになるかもしれない』と口にしていました。特に、『プロレスだったら自分がヒール(悪役)として振る舞ってもお客さんは〝エンターテイメント〟として楽しんでくれるけど、恋愛リアリティ番組を見ている人たちは必ずしもそうじゃない』と話していたのが印象に残っています。こう話したときには、彼女はまだそれほど中傷の的にはなっていなかったのですが、好意を抱いていた共演者のバスケットボール選手がネットで叩かれているのを見て、傷ついていました。いつも勝ち気な花らしくないと励ましましたが、今思えばネットの評判をかなり気にしていたようです」


 木村さんの死は他人事ではない。悪質な投稿で生命を脅かされることは誰にでも起こりうることだ。


発売中の『FRIDAY』最新号では、木村さんが仲間とともに過ごした日常風景を掲載している。


詳細の書かれた本誌記事はコチラ


あなたにオススメ
FRIDAY GOLD

11月13日発売

FRIDAYゴールド11月13日発売