ドラマ『M』が現実に!? 安斉かれんが音楽関係者と熱愛中


ドラマ『M』が現実に!? 安斉かれんが音楽関係者と熱愛中

カレとの予定がない日の安斉は、オンナ友達と安居酒屋や一人カラオケなど、若者らしい日常を過ごしていた


 まさに、ドラマを地で行く恋物語が始まっていた。


 7月30日の夜7時、渋谷区の高級マンション前にタクシーが停まった。エントランスから出てきたのは、ドラマ『M』で主演のアユ役を務めたタレント・安斉かれん(20)だ。後部座席で彼女を待っていたのは、俳優の柏原崇を思わせる薄顔イケメンだった。


 安斉とイケメンがタクシーで走ること20分、到着したのは渋谷の『タワーレコード』の前。二人はエレベーターに乗り込むと、屋上のバーベキュー会場に向かった。


「安斉さんとカレ氏は、ギャル風の女性やエグザイル系の男性陣がいる40名くらいの集団に加わり、バーベキューを楽しんでいました」(居合わせた客)


 夜9時に閉店すると、パリピ集団は揃(そろ)って外へ。三々五々解散となり、安斉とカレ氏もタクシーを停めた。


「先、帰ってて」


「うん、待ってるね♡」


 ドラマと同じあの甘い声でカレ氏に返事をすると、安斉はタクシーに乗り込み、一足先に自宅へ。カレ氏は友人らと30分ほど雑談してからタクシーに乗り、コンビニで炭酸水やカニカマなどを購入してから安斉のマンションへと入って行ったのだった。


 浜崎あゆみ(41)の自伝的小説を原作としたドラマ『M』では、博多から上京した少女「アユ」が敏腕プロデューサー「マサ」に見いだされ成長。やがて仕事を超えて熱い恋に落ちる物語が描かれた。安斉にとっての「リアルマサさん」は何者なのか。


「安斉の楽曲制作チームのスタッフですよ。フリーとして楽曲作りを手伝っているようで、年齢は30代の中頃と聞いています。仕事を通じて1~2年前に知り合いましたが、つい最近になって安斉が元カレと破局。二人は男女の仲となったようです」(安斉の知人)


 『M』のマサは事務所の専務だったからややスケールは落ちるが、楽曲を手助けしてくれるイケメンという点は同じだ。


8月7日(金)発売のフライデーでは、時間差でタクシーに乗り込むツーショット写真を掲載するとともに、二人の関係について詳しく報じている。


撮影・川上孝夫 


詳細の書かれた記事はコチラ



あなたにオススメ