アントニオ猪木が政界引退の翌日に見せた「おぼつかない足取り」

腰痛に糖尿病と、満身創痍の猪木が焼き肉打ち上げ


アントニオ猪木が政界引退の翌日に見せた「おぼつかない足取り」

トレードマークの赤いマフラーをつけて麻布十番に現れた猪木。ヨボヨボとした足取りで、歩くだけで精一杯の様子


 6月27日午後6時、麻布商店街に停車した黒いミニバンから、赤いマフラーを首にかけた巨漢が降りてきた――。任期満了に伴う7月の参議院選挙への不出馬を表明した元プロレスラーのアントニオ猪木(76)だ。前日26日の国会閉会時に「元気を売る人間が、元気を売れなくなった……」と話し、政界引退を宣言した直後のことである。


 助手席に座っていた女性に手を差し伸べてもらいながら出てきた猪木は、背中を丸めて杖をついていた。おぼつかない足取りで向かったのは、麻布十番にある老舗焼き肉店だ。


「この日行われたのは、猪木さんの政界引退の打ち上げ会です。関係者が総勢20名ほど集まったそうです」(猪木の知人)


 午後8時半ごろ、焼き肉店の入り口で、女性と男性数名が打ち合わせを始める。そして、店員がクローゼットから大きな花束を取り出してきた。


「会の間に猪木さんは2回も花束をもらったそうです。ただ、午後9時に会が終わるまで、猪木さんは終始浮かない様子だったと聞いています」(同前)


 猪木の初当選は’89年。自身が旗揚げしたスポーツ平和党や、日本維新の会といった複数の政党を渡り歩いてきた。任期中には、湾岸危機での人質解放や30回以上の北朝鮮訪問など、独自外交を続けてきた猪木。なぜ今引退するのか。


「持病の腰痛と、糖尿病の悪化が原因と言われています。最近は車いす姿が増え、健康不安が取りざたされていました。ライフワークの北朝鮮問題については、議員を辞めてからも取り組んでいくそうです」(全国紙政治部記者)


「政治家・アントニオ猪木」について政治アナリストの伊藤惇夫氏は話す。


「猪木さんは、スポーツ選手が政治家に転身する先駆けでした。彼の当選以降、各政党がスポーツ選手を客寄せパンダとして擁立し始めましたからね。ただ、後続のタレント政治家と彼が違うのは、大政党の後ろ盾がないところです。良くも悪くも、このような政治家はもう現れないでしょう」


 奇しくも、「最後の登院」を行った6月26日は、43年前に猪木がモハメド・アリと戦った「世紀の一戦」と同日だった。政界においても猪木は「ストロングスタイル」で「異種格闘技戦」に挑戦し続けたのだった。


アントニオ猪木が政界引退の翌日に見せた「おぼつかない足取り」

本誌未掲載カット アントニオ猪木 政界引退の翌日に見せた「おぼつかない足取り」


PHOTO:坂口靖子


あなたにオススメ
FRIDAY ダイナマイト

8月16日発売

Friday ダイナマイト8月16日発売

日録フライデー

3月15日発売

日録フライデー3月15日発売