セクシー深キョンに高橋一生の号泣 夏ドラマ「ホントの見どころ」

久々の月9出演の上野樹里は好スタート。話題のドラマを業界人たちが斬る


セクシー深キョンに高橋一生の号泣 夏ドラマ「ホントの見どころ」

早朝、横浜中華街で行われた『Heaven?』ロケの1コマ。日差しを日傘で避けつつ、石原は終始笑顔だった


キー局プロデューサー(以下、プロデューサー)  夏ドラマは毎年、数字的に苦戦するんだけど、初回視聴率をザッと見ると、『Heaven?』らTBS系の3作品はすべて初回視聴率が10%超え。テレビ朝日系も『刑事7人』、『サイン』といった得意の事件モノが安定しています。日テレ(日本テレビ系)は『あなたの番です-反撃編-』がグイグイ来て、一度は二ケタに到達しました。今後、どこまで伸ばすかに注目です。


制作会社スタッフ(以下、スタッフ)  フジテレビ系の『監察医 朝顔』は13.7%と堂々の数字。フジの看板枠「月9」はひところ低視聴率にあえいでいましたが、恋愛路線から脱却することで、蘇(よみがえ)りましたね。同業者の評判もいい。


テレビ専門誌記者(以下、記者)  合同取材会で解剖シーンの話題になったとき、新米法医学者役の上野樹里(33)が突然、号泣しました。実は彼女、中学生のときにお母さんを亡くしていて、当時を思い出したみたいなんです。上野は父子家庭になったことで「親を少しでも助けてあげたい!」とオーディションに応募。芸能界入りした経緯がある。取材中に急に不機嫌になって楽屋に籠城するなど、気難しい女優という印象がありましたが、今回は話し出したら止まらないくらい情熱的。久しぶりの「月9」で気合いが入っていますね。


ドラマウォッチャー(以下、ウォッチャー)  父親(時任三郎)が刑事で、親子が絡むというのは面白い設定ですよね。フジ系で言うと『TWO WEEKS』の三浦春馬(29)の演技がキレッキレ。韓流ドラマのリメイクだから、「初めて会った実の娘が白血病だった」など、詰めこみすぎなのが玉に瑕(きず)ですが、同じ年ごろの子を持つ親ならグッとくる。三浦のドラマではお約束のサービス、シャワーシーンもありました。


プロデューサー  石原さとみ(32)がフレンチレストランのオーナーに扮するコメディ『Heaven?』はどう?


スタッフ  背後霊みたいな顔が頭上に出てきて、登場人物の心の声を代弁するという演出が物議を醸(かも)していますね。


ウォッチャー  ウチの子どもはあれを見て爆笑していますけどね(笑)。


プロデューサー  相手役の福士蒼汰(26)のほか、岸部一徳(72)、段田安則(62)と共演陣が豪華なだけにナンセンスな演出で鼻白むのはもったいない。同じホリプロ所属の深田恭子(36)がボディスーツと仮面を身に着けて「キャッツ・アイ」よろしく泥棒に入る『ルパンの娘』(フジ系)のほうが笑える。深キョンの勝ち!


スタッフ  突如始まるミュージカルシーンにミュージカル俳優の大貫勇輔(30)が登場して美声を披露したり、藤岡弘(73)が居合切りをしたり、いちいち本物を揃えるなど、作りも丁寧です。


ウォッチャー  今クール一番のオススメは『凪(なぎ)のお暇(いとま)』(TBS系)ですね。黒木華(はる)(29)は「空気が読めちゃういい人からの脱却を試みる主人公」を嫌味なく演じているし、高橋一生(38)はとんでもないモラハラ男なのに、実は好きな子に素直になれず意地悪をして、毎回未練タラタラで号泣しながら歩く……というツンデレ男を好演。なぜか応援しちゃいたくなる。中村倫也(ともや)(32)は「パリピなのに人たらしな癒やし系男子」が、どハマり。


記者  またファンが増えますね。


ウォッチャー  見逃(みのが)せないのが、スナックのママ役の武田真治(46)。ジュノンボーイから始まり、サックス奏者、筋肉体操を経て、今度はゲイのママ役を違和感なく演じている。なんて多才な人なんだろう……(笑)。


プロデューサー 黒木、高橋、中村が同世代感覚でワイワイやっているのがいいよね。プライベートでも一緒にご飯を食べに行っているそうです。


本物のラグビー選手が出演


スタッフ  私は『べしゃり暮らし』(テレ朝系)に注目しています。演出がなんと鬼才・劇団ひとり! 熱く、ねちっこい彼がどんな演出をするのか?


記者  『ろくでなしBLUES』などのヒット作を持つ、森田まさのりのマンガが原作。森田先生はこの作品を書くため、吉本興業の養成所(NSC)に入所。去年の『M‐1グランプリ』に出場してベストアマチュア賞に輝いています。ライブ感を出すため、漫才シーンは大勢のエキストラを入れて一発本番なんだとか。


スタッフ  ヒリヒリしますね。ストイックな感じが劇団ひとりっぽい(笑)。


プロデューサー  TBSの"伝家の宝刀"といえば池井戸潤シリーズ。『ノーサイド・ゲーム』は日曜の夜、自宅でドラマを観ているおじさんサラリーマンが熱くなれる「汗と涙と男のロマン」がテーマ。しかも社会人ラグビーが題材とあって、W杯のある今年にうってつけ。本物のラグビー選手が出ているから、迫力が違う。


スタッフ 巨大な月をドーンと映したり、尋常じゃなく雨が降ったりと、福澤克雄氏の演出を「暑苦しい」という視聴者もいるようですが(笑)。一方で、モノ言う妻・松たか子(42)が痛快だという声もあがっています。


プロデューサー  福澤テイストがまだ、視聴者に受け入れられるかどうかをはかる、試金石となる作品です。というのも同じ池井戸&福澤コンビで来年、『半沢直樹2』をやるわけだから。


ウォッチャー  2クール目に入って、『あなたの番です』が俄然、面白くなってきました。1クール目は、登場人物たちが多すぎて、しかも、次々死ぬから、何が何だかわからなかったけど……。


スタッフ  グロさを抑え、恋愛要素を加え、いろんな伏線を回収し始めたことで数字が上向きました。ただ、毎回ギリギリまで台本が書き直されるため、撮影が押して現場からは不満の声があがっているそうです。「ネットの反応を参考にして書き直しているから遅いのでは?」と、もっぱらのウワサですよ。


ウォッチャー 2クール目から主婦に大人気のイケメン、横浜流星(22)が登場したのも大きいかな。


プロデューサー  残念だったのが『偽装不倫』(日本テレビ系)。完全にミスキャストだと思う。東村アキコの人気漫画が原作なんだけど、杏(33)が「イケてない独身婚活全滅女性」という設定に無理がある。相手役の男性も原作は韓国人なのにドラマは日本人に代わっている。昨今の日韓情勢に配慮したのかもしれないけど、さすがに原作を殺しすぎでは?


記者 杏にとって出産後初の連ドラだったので当初、彼女の代表作である『花咲舞が黙ってない』の続編をやる予定だったそうです。ところが、発表前にメディアに情報が漏れたことを関係者が嫌がったらしく、別の作品になってしまった。実際、『偽装不倫』には『花咲~』のスタッフが集められていますからね。


スタッフ  ただ、撮影環境はかなりいいみたい。杏も仲間由紀恵(39)も小さな子どもがいるので、クランクインは通常より1ヵ月早い5月でした。ほぼ、11時~18時という働き方改革を順守したスケジュールで進められています。


ウォッチャー  仲間の夫役が芸達者な谷原章介(47)でしょう? このキャストで『花咲~』を観たかったな(笑)。


プロデューサー  それでも『偽装不倫』は平均視聴率二ケタをキープしている。ネット配信など、見逃し視聴率を含めたら数字は倍近くになるんだから、今クールは良作揃いだよ。


 4氏による座談会を参考にすれば、夏休みの夜が充実するかもしれない。


セクシー深キョンに高橋一生の号泣 夏ドラマ「ホントの見どころ」

『TWO WEEKS』のヒロイン、芳根京子。朝ドラでブレイクした清純派の彼女が逃亡犯を追う検事を演じる


セクシー深キョンに高橋一生の号泣 夏ドラマ「ホントの見どころ」

『監察医 朝顔』で真摯な法医学者に扮する上野樹里。『のだめカンタービレ』以来、13年ぶりの「月9」主演だ


セクシー深キョンに高橋一生の号泣 夏ドラマ「ホントの見どころ」

主演作の『刑事7人』が好調な東山紀之(右)。後輩の中島健人(左)と演技論をたたかわせることもあるという


セクシー深キョンに高橋一生の号泣 夏ドラマ「ホントの見どころ」

『凪のお暇』で共演する黒木華(はる)(左)&吉田羊(右)コンビ。「二人とも女性視聴者の人気が高い」(テレビ誌記者)


セクシー深キョンに高橋一生の号泣 夏ドラマ「ホントの見どころ」

七夕に行われた『ルパンの娘』の制作発表に深田は浴衣で登場。アラフォーとは思えぬ可愛さを劇中でも発揮


セクシー深キョンに高橋一生の号泣 夏ドラマ「ホントの見どころ」

2クール連続放送&秋元康の原案で話題の『あなたの番です』。ネットでは事件の黒幕予想が過熱している


セクシー深キョンに高橋一生の号泣 夏ドラマ「ホントの見どころ」


PHOTO:堀田 咲 高塚一郎 フジテレビ提供(上野) 坂口靖子 山田宏次郎


あなたにオススメ
FRIDAY ダイナマイト

8月16日発売

Friday ダイナマイト8月16日発売

日録フライデー

3月15日発売

日録フライデー3月15日発売