G20 客人をもてなした雅子皇后の着物姿にどよめき

久々の着物姿にどよめきが


G20 客人をもてなした雅子皇后の着物姿にどよめき

7月1日、エルドアン大統領夫妻を出迎える天皇皇后両陛下。皇后が着物姿で客人をもてなすのは久しぶりだ


 6月末、世界の首脳が日本に集まった。まず出迎えたのは、天皇皇后両陛下。G20大阪サミット出席を控え、東京に滞在したフランスのマクロン大統領夫妻を迎えて昼食会が催されたのだ。


「長らく欧米ではフランス語が外交における共通語でしたから、外交官だった雅子さまにとってフランス語はできて当然の言語でもある。マクロン大統領との会話は苦もなくつとめたでしょう」(皇室ジャーナリスト・神田秀一氏)


 トルコのエルドアン大統領夫妻を迎えた時は雅子皇后の着物姿が注目を集めた。


「着物は帯で体を締めつけるため、疲れやすい。洋装でのお出ましが続いていた雅子さまが、あえて和装で出迎えたということは、体力的に相当自信がついたということです」(宮内庁担当記者)


 混沌とする世界情勢のなか、外務省としては国際事情に精通する両陛下の「皇室外交」は大きな武器になっている。


「雅子さまが皇太子(当時)との結婚を決意した背景には、皇室に入っても仕事(皇室外交)はできるという思いがあったからと言われています。皇太子妃時代は体調不良で海外訪問もままなりませんでしたが、今は体調が回復して、積極的に公務を行えるようになった。皇室外交は日本人が考えている以上に諸外国に大きなインパクトを与えます」(霞が関関係者)


 今後も日本外交の"切り札"という天皇皇后の役割が重要になっていくだろう。


トランプの作戦勝ち


「G20外交の勝者はトランプです。習近平と会談して貿易戦争は最悪の状況を脱したとアピールし、株価も上がった。プーチンには米大統領選挙に介入するなと話して"強い大統領"のイメージを維持。そしてあたかも金正恩を手なずけているかのように見せた。今回の会談は大統領選に向け、ポイントを稼いでおきたいだけです」(国際ジャーナリスト・山田敏弘氏)


 G20大阪サミットで最後の最後に世界の話題を独占したトランプ米大統領。米朝首脳会談は、G20閉幕直前の29日に「ツイッターで呼びかけて実現した」というが、本当にサプライズだったのか。龍谷大学の李相哲教授が実情を解説する。


「アメリカ政府は少なくとも1週間前には米朝会談に向けて動いていました。米の政治専門誌が、DMZ(=非武装地帯)で金正恩・朝鮮労働党委員長と会うかもしれないと発言したトランプ氏のインタビューを28日付で載せていましたが、これは事前に取材したもの。他にも北朝鮮担当特別代表が事前に韓国入りしたことなど状況証拠が複数ある。今年2月のハノイ会談で決裂して経済制裁が続き、国内の求心力が低下している金委員長側にとっても渡りに船のタイミングだった。ツイッターの件は、劇的な会談にするためのトランプ氏の"演出"だったのです」


 朝鮮半島の非核化が実現するか否か。パフォーマンスにごまかされて最も重要な問題から目をそらしてはいけない。


G20 客人をもてなした雅子皇后の着物姿にどよめき

エルドアン大統領夫妻と天皇皇后両陛下。トルコはイスラム圏屈指の親日国として有名だ


G20 客人をもてなした雅子皇后の着物姿にどよめき

6月27日、フランスのマクロン大統領と挨拶を交わした雅子皇后


PHOTO:鬼怒川 毅(JMPA) 




あなたにオススメ
FRIDAY GOLD

5月1日発売

Friday GOLD5月1日発売

日録フライデー

3月15日発売

日録フライデー3月15日発売