華原朋美が一部上場会社会長と週一で「不倫密会」


華原朋美が一部上場会社会長と週一で「不倫密会」

買い物を終え、ドラッグストアを後にする二人。雨の中、相合い傘で森氏が送迎車までエスコートしていた


 小雨が降る6月中旬の夜8時頃、銀座(中央区)のとあるビルから一組のカップルが姿を現した。仕立ての良い高級スーツを着こなす年配男性と腕を組みながら出てきたのは、歌手の華原朋美(43)だ。


 高級ステーキ店での食事を終えた二人は、待機していた黒塗りの送迎車・マイバッハに乗り込み、華原が暮らす新宿区内の高級マンションへ。マンション前で降りた二人は、少し距離を置いてエントランスへと消えていく。3時間後の夜11時半、男性は一人でマンションを出ると、待たせていた先ほどの送迎車に乗り帰路に就(つ)いた――。


 華原と"親密デート"をするこの男性は、飯田GHD(グループホールディングス)の代表取締役会長・森和彦氏(73)である。同社は東証1部上場で、昨年度の売上高1兆3300億円を誇る大手戸建分譲会社だ。


 森氏の自宅の近隣住民はこう話す。


「森さんには、たしかに奥さんがいらっしゃいますよ。私も奥さんと仲良くさせてもらっていますし。まさか、森さんが不倫するなんて……」

 

一方の華原は、芸能界きっての"スキャンダル女王"。

 

「華原は極度の恋愛体質。以前付き合っていた男性にフラれたときは、精神安定剤を大量摂取し急性薬物中毒で救急搬送されたほど。恋愛で悩むと仕事でもドタキャンを繰り返し、’07年には所属事務所を解雇されました」(芸能プロ幹部)


 そんな"一途な"華原が現在夢中になっているのが、森氏というわけだ。冒頭の密会シーンの翌週も、二人は森氏のマイバッハに乗って赤坂(港区)の高級焼き肉店へ。別の日には、またしても華原のマンションで深夜デートを楽しみ、別れ際には手を振り合うなど、仲睦まじい様子を本誌は目撃しているのだ。


 はたして、二人はこの"不倫愛"をどう思っているのか。本誌はまず、マンションから出てきた華原を直撃した。


――華原さん、フライデーです。飯田グループの森さんをご存知ですよね?


「はい、大変お世話になっています」


――自宅に招き入れるなど親密な姿を何度も確認していますが。


「お父さんのような存在ですから……」


 そう言って、彼女は足早にマンションへと引き返していった。さらに本誌が飯田GHDに取材を申し込むと、森氏は代理人弁護士を通じ、以下のようにコメントした。


「華原さんとは、食事やカラオケに行くなど会社ぐるみでお付き合いしていましたが、誤解を招く形になってしまったのは不徳のいたすところでございます」


7月6日発売のフライデー最新号では、華原と森氏が高級ステーキ店から仲睦まじく出てきた別カットなどを掲載。二人が出会ったきっかけについても詳報している。


PHOTO:原一平


詳細の書かれた本誌記事はコチラ


新規で会員登録をご希望の方
既に会員登録がお済みの方
あなたにオススメ

FRIDAY ダイナマイト

好評発売中
Friday ダイナマイト5月1日発売