元貴乃花親方一家離散を嘆く「新年の挨拶もありませんよ」


元貴乃花親方一家離散を嘆く「新年の挨拶もありませんよ」

東大の構内で直撃に応える元貴乃花親方。本誌記者が話しかけると、サングラスを外してゆっくり語り始めた


 ところは東京大学・本郷キャンパス(文京区)。黒いサングラスをかけて大学の構内を歩く、大柄な男性がいる。元貴乃花親方(46)だ。


――花田さん。昨年は激動の一年だったかと思います。今年の抱負をお聞かせください。


「まぁ……じっくりね。勉強です。人生、勉強ですから。(離婚から2ヵ月以上が経つが)もともと、部屋と自宅を分けていました。今も残った一人の弟子と部屋で一緒に暮らしていますので、生活に変わりはありません」


 昨年9月、日本相撲協会からの電撃的な引退を発表し、元妻・河野景子さん(54)とも離婚。さらには息子で"自称"靴職人の花田優一氏(23)の離婚&ドロ沼靴トラブルまで勃発し、元貴乃花にとって’18年は波乱の一年となった。


本誌は1月8日、冒頭のように東大のキャンパスで本人を直撃。家族への思いや自身の今後について、彼の言葉からは、平成の大横綱のホンネが見え隠れしていた。


――離婚後、景子さんはブログを開設したり、年末年始にはテレビ番組にも出演していました。それはご覧になられましたか?


「あぁ、チラッと見ました。このままやっていってほしいですね」


――今、優一さんとは連絡を取っているのでしょうか?


「いえ。新年の挨拶もありませんでした。息子も人生経験を積まなければいけない時期でしょうね。若いうちに、覚えることは覚えたほうがいいでしょう」


――優一さんといえば、今年に入って女優・吉岡里帆さんの実弟を弟子に取っていたことが報じられました。


「あぁ……。その件については、私は知らなかったんですよ」


――優一さんは吉岡さんの弟に靴のトラブル処理を押し付けたりしていたみたいですが。


「そうなんですか……。私はずっと部屋のことにかかりきりだったんで、息子とは話していないんです。(タメ息混じりに)まったく……。人生勉強をさせないといけないですね」


――最後にひとつだけ。今、花田さんの収入はどうなっているのでしょうか?


「収入は、まぁ生活ができるくらいにはありますよ」


――贅沢はできないけど、生きてはいける程度ということですか?


「まぁ、そうですね(笑)」


 そう言い残し、元貴乃花は弟子が待つ車へと乗り込んでいった。


 家族は離散しバラバラになっても、我が道を貫き通そうとする元貴乃花。人生、どんな困難でも受けて立つ――。それが元貴乃花の横綱相撲なのかもしれない。


直撃取材の様子は1月11日発売のFRIDAY最新号に掲載。また直撃動画をFRIDAYデジタルで公開している。


PHOTO:中村和彦


詳細の書かれた本誌記事はコチラ



あなたにオススメ

FRIDAY ダイナマイト

12月25日発売
Friday ダイナマイト1月15日発売