小芝風花 初夏のヒロイン 22歳の素肌がまぶしいスペシャル撮り下ろし

7月放送のドラマ2作でラップや漫才に挑戦し、

演技の幅をまた広げた"最旬女優"。


小芝風花 初夏のヒロイン


 連ドラ初主演を果たした今年1月クールのドラマ『トクサツガガガ』が話題を呼び、女優としてのステージを上げた小芝風花(22)。7月にはラップに挑戦した主演ドラマ『ラッパーに噛まれたらラッパーになるドラマ』、漫才師の高校生を演じる連ドラ『べしゃり暮らし』が立て続けに放送される。小芝が語る。


「手ごたえですか? それが全然なくて。作品を見直すと自分の演技の粗(あら)がいくつも目につきますし。突然パッタリとお仕事が来なくなるんじゃないかと時々不安になったりも。 

 私は美人でもないし、スタイルがいいわけでもない。印象に残りづらいと自分で思います(笑)。だからお芝居だけは負けたくない、実力を磨かなきゃって思ってこれまでやってきました。演技の事で悩んだり、怖くなったり、逃げ出したくなったりすることなんてしょっちゅうですが、私は恵まれているなって思います。就活中の地元の友達の中には、自分が将来どんな仕事をしたいのか見えなくて悩んでいるコもたくさんいるのに、私は一生のお仕事を見つけられたんですから」


Fuka Koshiba  22歳

T157

大阪府出身。

’12年にデビューし、’14年、実写版映画『魔女の宅急便』で主人公・キキ役に抜擢。

2つの新人賞を受賞するなど脚光を浴びる。

’16年にはNHK朝ドラ『あさが来た』で波瑠演じる主人公・あさの長女・千代を好演。

今年1月期ドラマ『トクサツガガガ』(NHK)で連ドラ初主演を務めた。

主演ドラマ『ラッパーに噛まれたらラッパーになるドラマ』(テレビ朝日系)が7月12・13日2夜連続放送。

連ドラ『べしゃり暮らし』(テレビ朝日系)が7月27日スタートと話題作への出演が続く


撮影:中山雅文

スタイリスト:上野 珠

ヘア&メイク:大坂ひとみ


会員登録をしていただくと、写真の拡大やスライドショーが楽しめます。
新規で会員登録をご希望の方
既に会員登録がお済みの方
あなたにオススメ
FRIDAY ダイナマイト

8月16日発売

Friday ダイナマイト8月16日発売

日録フライデー

3月15日発売

日録フライデー3月15日発売