【小泉進次郎の再浮上はこの人次第】滝川クリステルの献身

仕事復帰も果たし家庭も円満 夫・進次郎はポスト安倍レースではすっかり名前が出なくなったが……

【小泉進次郎の再浮上はこの人次第】滝川クリステルの献身

愛おしそうに息子の頭を撫でながら買い物をしていた滝クリ。マスクに帽子でも、抜群のスタイルは目立っていた


「自民党内からも、ポスト安倍として小泉進次郎環境相の名前は聞かれなくなってしまった。閣外から歯に衣着せぬ発言をしているときは存在感があり、ポスト安倍の最右翼となり得たかもしれない。しかし、大臣ポストの魅力に勝てなかったのか、閣内に取り込まれ発信力が影を潜めてしまった」(政治ジャーナリストの角谷浩一氏)


 自民党のホープと呼ばれたのも、いまは昔。小泉進次郎衆議院議員(39)の存在感がすっかり薄くなってしまった。


 昨年8月にフリーアナウンサーの滝川クリステル(42)と結婚し、9月に環境相に登用されたが、「セクシー発言」に代表される中身のない答弁を連発。女性問題さえ報じられ、最大のウリだったクリーンなイメージまで失墜した。


 そんな進次郎議員はいま、ヒマなのか、もっぱらイクメンとして活躍しているという。


「会合もあまり入れず、公務が終わると自宅に直帰。子供をお風呂に入れたり、ミルクをあげたり、オムツを替えたりと、かいがいしく育児をしているそうです。子供を寝かしつけてそのまま自分も寝てしまうこともしょっちゅうだとか」(進次郎をよく知る知人)


 滝クリが出産からわずか3ヵ月足らずで自身のラジオ番組に出演し、メディア復帰を果たしたのも、進次郎のサポートがあってこそだったようだ。


「進次郎さんの人気が低迷していることを気にしてなのかはわかりませんが、滝川さんは結婚以来疎遠になっていたメディア関係者とも積極的に連絡を取っているそうです。滝川さんのほうから急に電話がかかってきて驚いた、というテレビマンは少なくありません」(在京キー局プロデューサー)


 6月中旬には、都内の高級スーパーで買い物をする滝クリの姿をキャッチ。パプリカ、牛乳、フルーツジュース、塩……次々と買い物カゴへ入れていく。夫と愛息の健康を気遣っているのだろう。じっくりと食品表示を眺める熱心さだ。精のつく献立を考えているのか、陳列棚の前で時折スマホで何かを検索している様子も見受けられた。


 30分ほど買い物した後、高級車を駆って走り去った滝クリ。イクメン夫の再浮上は、彼女の内助の功にかかっている。


【小泉進次郎の再浮上はこの人次第】滝川クリステルの献身

コロナ禍を鑑みて屋外で会見する進次郎議員。環境相就任当初は記者が殺到していたが、いまはガラガラだという
【小泉進次郎の再浮上はこの人次第】滝川クリステルの献身

本誌未掲載カット 滝川クリステル 小泉進次郎の再浮上はこの人次第


PHOTO:︎西 圭介


あなたにオススメ