飯豊まりえ 素肌のsexy  注目度ナンバー1のフレッシュ女優が1年半ぶりにFRIDAYに登場

この夏から秋にかけてドラマや映画で存在感を見せつける

最旬女優が久々の撮り下ろしでオトナの色香を披露。

静かで優しい瞳&透き通る肌に魅了される――。


飯豊まりえ 素肌のsexy


「お芝居のお仕事を始めたのは’12年。当たり前ですけど、なかなか大きな役はいただけませんでした。10代の小さかった頃に、自分が出演する舞台のチケットを駅前に立って売ったこともあります。

 そんな経験もあって、"簡単に売れることはない。だから地道にコツコツとやるしかない"と思えたので、自分に負けず、ここまで頑張れたんです」


 こう振り返るのは、ドラマ『サイン』(テレビ朝日系)で医者役に初挑戦中の飯豊まりえ(21)。9月にはヒロインを演じる映画『いなくなれ、群青』と『惡の華』が公開されるなど、女優として今スポットライトを浴びている。


「このドラマも映画も、役柄が自分に近いせいもあって、肩の力を抜いて演じられています。"素の飯豊まりえ"がちょくちょく出ていると思うので、そこも見所のひとつかも(笑)。

 まだまだ未熟なので、25歳くらいまでは無我夢中で頑張らないと、その先が見えてこないと思っています。すべての現場で全力を出し切るために、毎日の生活サイクルは崩さない。お酒をたくさん飲んで羽目を外すなんて、ありえないです!(笑)」


飯豊まりえ

Marie Iitoyo  21歳

T167

千葉県出身。

’12年に女優デビューし、以後数多くのドラマ・映画に出演。

放送中の連ドラ『サイン‐法医学者 柚木貴志の事件‐』(テレビ朝日系)では大森南朋演じる主人公・柚木の助手である新人解剖医・中園景を演じる。

秋には映画『いなくなれ、群青』(9月6日公開)、『惡の華』(9月27日公開)、舞台『タクフェス第7弾「流れ星」』に出演。

来年1月に主演映画『シライサン』の公開も控えている。

また、毎週土曜朝、情報バラエティ『にじいろジーン』(関西テレビ系)にレギュラー出演中。

ファッション誌『Oggi』『MORE』でモデルとしても活躍する


撮影:舞山秀一

スタイリスト:有本祐輔

ヘア&メイク:坂手マキ


会員登録をしていただくと、写真の拡大やスライドショーが楽しめます。
新規で会員登録をご希望の方
既に会員登録がお済みの方
あなたにオススメ
FRIDAY ダイナマイト

8月16日発売

Friday ダイナマイト8月16日発売

日録フライデー

3月15日発売

日録フライデー3月15日発売