麻生太郎財務相が「ゴッドファーザーの末裔と憧れのご対面」

ファッションがマフィアみたいとは評判でしたが


麻生太郎 財務相「ゴッドファーザーの末裔と憧れのご対面」

夜11時に店を出た後も、麻生氏は名残を惜しむようにマリオ氏と1分以上立ち話


 2月9日夜9時、東京・茅場町(中央区)の路地裏に停まった高級車から、老齢の紳士がゆっくりと降りてきた。仕立ての良いグレーのスーツに黒のロングコート、首から垂らしたブルーのマフラー。ボルサリーノを斜めに被り、二人のボディガードを引き連れてレストランに入って行ったのは、マフィアのボス……ではなく、麻生太郎財務相(77)である。


 この日、麻生氏が訪れたのは、知る人ぞ知る名店。一見すると普通のレストランに見えるが、実は、裏社会界の大物が経営するイタリアンなのである。


「オーナーのマリオ・ルチアーノ氏(53)は、ニューヨーク5大ファミリーの一つ『ルチアーノファミリー』の創始者であるラッキー・ルチアーノの末裔。ラッキー・ルチアーノはアメリカにおいて『公共の敵ナンバーワン』と呼ばれた人物で、映画『ゴッドファーザー』のモデルにもなった伝説のマフィアです。

 そんな人物の血を引くマリオ氏は、国際派マフィアとして30年ほど前に来日。現在は裏社会からは身を引き、イタリアンの経営者として暮らしていますが、かつては山口組に籍を置いたこともあります」(暴力団情勢に詳しいジャーナリスト)


 マリオ氏については、本誌も’17年9月1日号で「日本にいる大物マフィア」として紹介している。どうやら麻生氏は、その記事を読んでいたようだ。番記者が語る。


「知人からフライデーに載ったマリオ氏の記事を教えられた麻生さんは、『その人に是非会いたい!』と興奮していました。多忙なこともあり、なかなか時間が取れませんでしたが、年が明けてようやく訪れることができた。マリオ氏との時間をよっぽど邪魔されたくなかったのか、友人4〜5人を誘って完全プライベートで貸し切り予約したんです」


 麻生氏は50年以上にわたって、港区にある馴染みのテーラーでスーツやコートをオーダーメードしており、ファッションには並々ならぬこだわりがある。スーツは1着30万円ほど、コートもカシミア100%の最高級品で40万円はするという。


「飲み会でも、会話の中心はマフィアのファッションに関するものだったみたいです。また、映画や本で学んだルチアーノファミリーの歴史についても、マリオ氏にさかんに質問をぶつけていたとか」(同前)


 マリオ氏と話したことで自分もすっかりマフィア気分になったのか、夜11時ごろ、まるで『ゴッドファーザー』のワンシーンのような雰囲気で店を出てきた麻生氏。一緒に来た友人たちを待たせたまま、店の前で1分以上にわたりマリオ氏と立ち話をするなど、終始、上機嫌だった。待ちに待った憧れの「ゴッドファーザーの末裔」との対面は、大満足に終わったようだ。


麻生太郎 財務相「ゴッドファーザーの末裔と憧れのご対面」

麻生大臣は、わざわざ他の客が捌(は)けるのを待って、夜9時から予約していた


麻生太郎 財務相「ゴッドファーザーの末裔と憧れのご対面」

本誌未掲載カット

麻生太郎 財務相「ゴッドファーザーの末裔と憧れのご対面」

本誌未掲載カット


(FRIDAY2018年3月2日号より)


PHOTO:田中利勝


新規で会員登録をご希望の方
既に会員登録がお済みの方
あなたにオススメ

FRIDAY ダイナマイト

好評発売中
Friday ダイナマイト5月1日発売